無料勉強会の予定表はこちらから♪

リフォームするのに挨拶しなかったけど、あとからでも良いもの?

リフォームをするのに近所に挨拶をしなかった、そう気がついた時は注意が必要かもしれません。

少しだけだし大丈夫だろう。。。そう思っていたとしても、近所の方は同じように思ってくれないケースもあります。

そこでここではリフォーム開始前に挨拶しなかった場合の対処法などについて紹介したいと思います。

目次

近所にリフォームの挨拶しなかった。。。大丈夫?

挨拶しなかった

先述しましたように一般的な認識として、リフォームに挨拶はつきもので、挨拶しなかったとなれば後々の近所付き合いに影響する可能性があります。

挨拶が必要なのは騒音などで少なからず迷惑を掛けるからで、その為に業者も気を使っているほどです。

つまり何も言わないのは一般的には失礼にあたりますし、近所付き合いを大切にしたい場合は、あとからでもお詫びを兼ねて挨拶をすることをおすすめします。

ただし、当社のようにリフォーム業者が気を利かせて施主の代わりに挨拶をするケースもあるので、施主が足を運ばなかったとしても、実は業者が済ませてることもあり得ます。

いずれにしても、挨拶なしが失礼だと分かった場合は、挨拶が後日になるとしても先に失礼を詫びて、あとから菓子折り持参で挨拶をするのが現代社会としては正解となります。

地域や世代によっては、挨拶なしを気にしない人もいますが、年配の人は特に挨拶を基本と考えている人が多い印象があります。

例えリフォームが小規模で工事の期間が短いとしても、挨拶があったかどうかが評価されますから、挨拶はないよりもした方が良いのは間違いありません。

リフォームでも特に外構工事の挨拶まわりは必要

後から挨拶

リフォームでも特に外構工事を行う場合の挨拶まわりは、必要性が高く重要だといえます。外構工事は室内の作業よりも騒音が発生しやすく、近所に音が響くことになります。

作業者同士の声も響きますし、作業そのものの音も耳につきますから、リフォームの外構工事における挨拶まわりは不可欠です。

挨拶なしでも、我慢できる程度の音なら何も言われない可能性はありますが、目を合わせてもらえなくなったり睨まれる恐れは十分に考えられます。

その為、近所付き合いの円滑に行う為にも、挨拶まわりは欠かさず行うことが大事です。音の大きさが許容範囲を超える場合はクレームを付けられたり、工事現場に怒鳴り込まれてもおかしくないです。

それくらいに最近は音の問題はナイーブですし、気になる人にとっては無視できない騒音となります。

工事作業において音を小さく抑えたり、耳障りにならない工夫を行うことも大切ですが、やはり挨拶が基本なので必要不必要の疑問を挟む余地はないと思います。

リフォームは住宅を綺麗にして新たに気持ち良く暮らせるようにする工事ですが、近所への配慮がないと近所付き合いに問題を残してしまいます。

折角、住環境が新しくなっても近所に恨みを残してしまうと何の為にリフォームしたのか分からなくなってしまいますもんね。

お互いの為にも相手の立場で考えて挨拶をしたいところです。

リフォームにおける上手な挨拶の仕方と手土産の必要性

円満な挨拶

リフォームにおける上手な挨拶の仕方は、対面で直接顔を合わせて挨拶をするのがコツです。

また手土産はあった方が好印象ですが、引越しではないので、用意するにしても手頃な粗品が妥当です。

対面で顔を合わせる機会がない近所の方については、手紙を書いて伝える手もあります。つまり、必ずしも対面である必要はなく、手土産も用意するかどうかは自由となります。

リフォーム業者が同伴する必要性は、ケースバイケースで特に決まりはなく、必要であれば同伴してもらうのが正解です。ただし先にリフォーム業者、あとから施主の挨拶となると相手にとっては二度手間ですし、何より印象が良くないので避けましょう。

基本的にはどちらかのみか同伴で一緒に挨拶にまわり、施主が遅れて挨拶に訪れる場合は、遅れたお詫びの挨拶をするのが、理想的な挨拶の仕方となります。

肝心なのは作業の内容や工事の期間、工事の日時や連絡先といった内容を伝えることです。

挨拶をするだけでは意味がありませんし、何の為の挨拶か分かりませんから、詳細と共に迷惑を掛けることを伝えて納得してもらうことが大切です。

挨拶まわりをする範囲は、戸建ては両隣も裏も3軒までが目安です。マンションも同様に3軒までで、両隣だけでなく上階や下階にも足を運ぶことがポイントとなります。

まとめ

今回はリフォームにおける挨拶について紹介しました。

リフォーム後も気持ちよく生活する為には事前の挨拶回りは大切と言えそうですね。もし、挨拶が遅れてしまったとしても近所付き合いを大切にしたい場合は、あとからでもお詫びを兼ねて挨拶をすることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

(株)リフォームストアのアバター (株)リフォームストア 代表取締役 参川

「良いと思ったことは全部してあげてくれよ!」

という父の言葉を旨にお客様にとって良いリフォームを心がけております。

高品質かつ低価格で安心して相談できるリフォーム会社を目指しております。

目次
閉じる