リフォームでやっておけばよかった…と後悔しないためのチェック項目

チェック項目 コラム

「あぁ、リフォームでやっておけばよかった…」このように後悔しない為にもリフォームは事前にチェックしておくことが大切です。

家は3回建ててやっと理想の家が出来るとまで言われますが、人生において家を何回も建てることはできませんよね。

それはリフォームも然りです。

リフォームした後に後悔しないためにもここでチェックしておきましょう。

リフォームをやって良かったと思う為には!?

安心 女性

リフォームをやって良かった、そう思う為には注文住宅の成功者などの意見に目を通すのがポイントとなります。

また少しでも情報を集めて後悔を避ける、そういう事前の準備と取り組みが成功に繋がります。

満足感を得るには、いかにして理想に近い取り組みを行うかが肝心ですので、想像力を膨らませて具体的な計画を立てることが重要です。

予算は多ければ多く確保した方が良いのは確かですが、限りがあるのも予算なので、予算内で満足できるリフォームを計画するのが先決となります。

つまり、優先順位をつけたり取捨選択を行いながら、どこを見直し手を入れるかを決めていくことが大切です。

イメージ的には注文住宅を1から考えて設計するつもりで、住宅とその設備を見直したり、後悔しないようにやって良かったと思える計画的な取り組みを行うことをおすすめします。

そこでここからは具体的に住宅の中の各所で特に人気の箇所をピックアップしてみました。

キッチン

キッチン

キッチンは新築の時に選択と導入を行っておけば良かった、そういう後悔が生じやすい場所です。

例えば、対面キッチンのアイランドキッチンなどは、誰もが一度は憧れたり導入を検討しますが、予算などの都合で見送るケースも少なくないです。その為、キッチンリフォームは憧れのキッチンを導入する絶好のチャンスとなります。

新築時に都合により導入できなかったキッチンにする、これがキッチンリフォームの大きなメリットになるでしょう。

ただ、興奮任せに選んでしまうと、導入後にイメージと違うということになり得るので、深呼吸をして冷静かつ客観的にキッチンを選びたいところです。

スペースには限りがありますし、予算も無尽蔵ではないので、スペースや予算と相談しながら検討することが大事です。

向きや位置、導入する設備のグレードなどチェックすべき項目はいくつもあるので、1つ1つ確認しながら選んでいきましょう。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは、まるで自分だけの衣装部屋のような収納が実現する設備です。

新築時に導入しないと後悔することが多いのもこの設備で、リフォームでやっておかないと更に後悔が押し寄せることになります。

既に新築の際に導入済みであっても、リフォームのタイミングで見直したり、どこにどう手を加えるか、手を加えるべきかどうか検討すべきです。

予算の都合もあるので、家族と相談して同意を得る必要はありますが、しかし家族にも収納の利便性があると説得すれば納得してもらいやすいはずです。

秘密基地のようにワクワクしながら洋服を目立たせず綺麗に管理できますから、まだ導入していない場合も導入済みの場合も、より理想に近い設備の導入や更新を検討したいところです。

コンセント

コンセント

コンセントは誰もが毎日利用するもので、その多くは無意識的に使っていることが多いといえます。

ただコンセントの数が少ないとタコ足配線になりやすく、コンセントの位置が使いにくいと気になり始めます。

リフォームは壁コンセントの数を増やしたり、コンセントの位置を改善できるチャンスです。タコ足配線はホコリの蓄積や湿気によるショートのリスクを高めるので、なるべく壁から直接給電を受けるのが理想です。

その為、差込口が足りないと感じる場合は、迷わず増設を検討して前向きに考えたいところです。

増設は思いの外ハードルが低く、費用もそれほど掛りませんから、やらないよりもやった方が断然後悔なく満足度も高くなります。

差込口が多くなるだけでこれほど快適になるのか、そう驚く結果になっても不思議ではないのがコンセントになります。

収納

収納

収納は玄関や本棚など、家の入口から奥まで見直すところがいくつもあります。

玄関ニッチ

玄関ニッチは住宅のイメージを大きく変えますし、家に帰ってきたり訪問してきたお客さんにも魅力的な印象を与えられます。

シューズクローゼット

シューズクローゼットはスマートかつ合理的な収納で、何かと増えがちな靴を綺麗に保管するのに役立ちます。

玄関ニッチと組み合わせることで、意識が散らばりがちな玄関をスッキリと見せられるので、シューズクローゼットの注目度は高いです。

本棚

それから本棚を設けるリフォームを行うと、収納に加えて読書の利便性もアップしますから、住宅をより快適な空間に変えられます。

リフォームのチャンスでこれらを見直さないのは勿体ないですし、後悔しない為にはむしろ積極的に家族で相談したり検討した方が良いでしょう。

まとめ

今回はリフォームでやっておけばよかった…と後悔しないためのいくつかのチェック項目について紹介しました。

最低限ここで紹介した項目をチェックしておくだけでも、後悔へのリスクは軽減できるはずです。ぜひ参考にしてみて下さい。

ここが違います!こだわりの外壁塗装 リフォーム2018 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心  

ワンランク上の素材で うでのいい職人が施工する 高品質を低価格で提供

 

その1 塗装の「命」 徹底した下地処理

写真

当社ではひび割れ補修、サビ落としなどの「下地の蘇生」に一番重点を置いています。業者側の立場からすれば、大変手間がかかる一方、塗った直後では、その努力が分かりづらい為、最も「差」が出る作業の一つです。当社では徹底した管理のもと確実に「下地の蘇生」を行いますので、ただ「安いだけ」の塗装専門店ではありません。

 

その2 大安心の3回手塗り  たっぷり 「厚」 塗り!

写真

ご存知ですか? 3回うすーくしか塗ってない塗装も、 パッと見キレイなんです。

これが一般の方には、なかなか判断出来ないから、 外壁塗装の「後悔」「クレーム」が後を絶ちません。 しかし、たっぷり塗料を使った外壁塗装は 「塗料の厚み」が全く違います。 「塗料の厚み」を、つけすぎても良くないんですが、 外壁塗装は「塗料の厚み」で長持ちが、ずいぶん変わります。 写真

過去300件以上、愛媛県下で施工管理をさせて頂きましたが、 この「厚塗り施工」に、間違いはありませんよ!!

①5年経っても色もツヤも変わらない塗装 ②5年経ったら一気に色あせる塗装 ここを値段だけで見てしまうと 痛い目に合うかも知れません。  
写真

リフォームストアの外壁塗装は、

他店と比べても一目瞭然! 「たっぷり」塗料を使って3回厚塗りしますので、 強くて丈夫な「塗膜」が形成します。 塗り終えた後の 「塗料の厚み」を ぜひ他店と 比べてみて下さい♪ 結果、 外壁塗装の費用対効果を120%引き出します。  

その3 付帯塗装(鉄部・木部・樋・目地コーキング)

私共が知る限り、付帯塗料にまで力を入れている業者さんは非常に少ないのが現状です。外壁・屋根塗料にはいい塗料を使っても、付帯部にはランクの下がる塗料・材料を使ってはバランスが合いません。また、鉄部・木部・目地コーキングは特に劣化が早いので家全体の耐久バランスを考えた塗料選定が必要です。

 

その4 高い専門知識

高い専門知識は職人はもちろん、窓口である営業、現場監督も同等に持っていなければならないと当社は考えています。専門店ならではの三位一体となった「提案・施工・管理」のチームプレーをぜひご覧ください。

 

その5 「塗装が上手」な職人を揃えています。

写真

ありきたりな言葉ですが、専門店である以上、「塗装が上手な」有資格職人を揃えています。激しい競争に勝ち、広く評判になる為に職人の高い技術力と、現場監督の強い責任感で最高の仕上がりをお届けします。

リフォームストアはここまでやります

専門誌にも 当社が取り上げられました!

写真

これぞ、専門店! 選ばれる理由はここにあります。 お客様の疑問・不安・ご予算すべて正直にお答え致します。

・塗料の種類・施工手順・耐久年数等についてのメリット・デメリット ・お客様のご予算も踏まえた上で「費用対効果」の高い施工方法

など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

現場監督による厳しい検査体制があるから施工後の不具合はありません。万が一の際も、すべて「無償」で手直し致します。

 

専門店が厳選した長持ち外壁塗装がこの価格で。 お値段以上の価値を感じていただけます。

 

お問い合わせはコチラ↓からどうぞ
電話:089-904-5683
FAX:089-904-7111
営業時間:9:00~18:00 年中無休(年末年始除く)

コラム
シェアする
株式会社リフォームストア