無料勉強会の予定表はこちらから♪

失敗しない良心的なリフォーム会社の選び方と決め手になるもの

良心的な会社

リフォームをしたいと考える時、失敗したくない!誰もがこの様に考えますよね。リフォーム自体、安い買い物ではありませんし、できる事なら満足なリフォームを実現したいものです。

そう考えた時にリフォーム会社を選ぶ様になるわけですが、良心的なリフォーム会社を選ぶ際のポイントなどはあるのでしょうか。

この記事では失敗を避けるためにあなたの地域の良心的なリフォーム会社の選び方や決め手になるものを紹介したいと思います。

最後まで読んで頂くことで良心的なリフォーム会社とは!?が分かるかもしれません。

目次

リフォームができる会社にも種類がある

選択

リフォームを考えた時にまず元に会社選びをするわけですが、リフォームができる会社には実はいくつかの種類があります。

なので、まずはリフォーム可能な会社の種類についてお伝えしたいと思います。

ハウスメーカー

大手ハウスメーカーは住宅の設計、販売だけでなくリフォーム工事もできます。ただ、幅広い認知度があるだけにリフォーム料金は大きくなりがちです。

また、ピンポイントでのリフォームが難しい場合もあり、ある程度まとまったリフォーム工事でないと受けてくれない可能性もある様です。

工務店

地域に密着している工務店は大手ハウスメーカーほどの認知度はありませんが、施主に寄り添った施工ができるのも特徴です。

工務店によっては[できること][できないこと]が明確に分かれているので、その工務店は何が得意なのかを事前に調べる必要があります。

住宅設備メーカー

トイレやキッチンなどを扱うメーカーの中にはリフォーム事業も行なっているメーカーもあります。ただ、その会社で取り扱っている商品でしか施工ができないケースもあるので確認が必要です。

また大掛かりなリフォームには対応していないケースもあります。

リフォーム専門会社

リフォームの専門会社はリフォームのプロなので幅広いリフォームをお願いする事ができます。また、地域に密着したリフォーム会社はお客さんとの距離も近いのでお願いもしやすいかもしれません。

リフォームにも水廻りや増改築、キッチン、外壁塗装、外構など色々なリフォームがありますが、リフォーム専門の会社であればお客さんにニーズにも幅広く対応できるはずです。

ホームセンター

ホームセンターでもリフォームのサービスを行なっているところが多くあります。ホームセンター内で販売されているものやカタログ内で販売されているものなどピンポイントでのリフォームもできるはずです。

ただ、デメリットとしては増改築などの大きなリフォーム工事はできないところも多いので、確認する必要があります。

リフォーム会社を選ぶ際にチェックする項目

チェック

ではリフォーム会社を選ぶ際に、何に注意すると良いのでしょうか。ここでは安心してリフォーム会社を選ぶ事ができるように項目別に分けてみました。

見積もりを出してくれるか

見積もりを見ることでその会社が何をしてくれるのかを把握する事ができますし、ほかのリフォーム会社との比較をする事ができます。

また、見積もりを出すことで大体のボーダーラインも分かってきますし、交渉もしやすくなりますので、一社だけお見積もりではなく最低でも2社以上からの見積もりは取る様にしたいものです。

リフォームの実績

その会社にリフォームの実績があるのかも要チェックです。自分が依頼しようとしているリフォームができそうな会社なのか?そうでないのかはチェックするべき項目ですね。

また、実績が多いということは人気店であるという裏付けにもなりますので、ぜひ実績も確認する様にしてみて下さい。

保証やアフターサービスの有無

リフォーム後は何かしら不具合が出る可能性も0ではありません。新築の住宅でも不具合が出る事もあるほどですので、施工した会社が保証面やアフターサービスを行なってくれるのかを事前に確認する必要があります。

メリットデメリットを正直に教えてくれるか

業者によってはメリットだけを羅列する会社も少なくありません。メリットはたくさんあるかもしれませんが、その反面デメリットもあるのは確かですので、そのデメリットの部分を包み隠す事なく教えてくれるかは重要なポイントです。

口コミの評価は良いか

最後はそのリフォーム会社の口コミや評判は良いか?という点です。

最近であればGoogleレビューなどで簡単にその会社の評価を確認する事ができますので、ぜひチェックしたいところです。

また、実際にそこのリフォーム会社で施工したことのある方が身近にいるのであればぜひ、聞いてみましょう。ネットでの情報よりもリアリティのある口コミを確認する事ができるはずです。

見積書の内訳を要確認

見積書

見積書を発行してもらった際には十分にその内容を確かめる様にして下さい。例えば[施工一式]などの表記があるのであれば、この施工には何が含まれているのか?をキチンと見積書に書いてもらう様にしましょう。

悪徳業者の場合、「見積書には書いていませんでしたよね」と逃げられる可能性もゼロではありませんので、自分が依頼している内容に相違ないかを必ずチェックする様にしましょう。

ここを入念に確認しておくだけでも満足度の高いリフォームを行う事ができるはずです。

まとめ

今回は失敗しないた目の良心的なリフォーム会社の選び方についてみてきました。

確認する項目は多いかもしれませんが、満足できるリフォームを実現するためにもぜひ積極的にここで紹介した項目を実践してみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

(株)リフォームストアのアバター (株)リフォームストア 代表取締役 参川

「良いと思ったことは全部してあげてくれよ!」

という父の言葉を旨にお客様にとって良いリフォームを心がけております。

高品質かつ低価格で安心して相談できるリフォーム会社を目指しております。

TOP
目次
閉じる