近さは安心。口コミの多さは信頼の証。
外壁塗装
キッチン・バス・水廻り
クロス・内装・増改築
外構・エクステリア

外壁塗装をするのに適した時期の目安や季節について

外壁塗装 時期 季節外壁塗装 アパート・病院・公共工事

外壁塗装を考えた時、どの時期が最も適しているのか?というのは気になりますよね。また、その目安はあるのかなど…。

季節によって塗料の乾き具合も変わってきそうですよね。そこでここでは外壁塗装をするのに適した時期の目安や季節などについてご紹介したいと思います。

今までただ漠然と「これくらいの時期じゃないかな?」と思っていた方も塗装に適した目安の時期を知る事ができるはずです。

関連記事外壁塗装をする理由や必要性とは?メリットやデメリット

外壁塗装をするのに適した時期や季節の目安

外壁塗装 時期 季節

外壁塗装をするのに適した時期は、戸建てとマンション共に目安があります。

一般的には10年〜15年に1回とされていますが、実際は外壁の状態を見て判断することが最も大切です。外壁塗装のタイミングを知らせるサインとしては、ひび割れや粉を吹くチョーキング現象、カビや苔の発生が挙げられます。

また、塗料の退色も目安の1つになりますし、外観に変化が見られなくても性能は低下している恐れがあるので、やはり10年〜15年に1回は塗り替えを検討すべきでしょう。

関連記事外壁塗装を放置するとどうなる?

外壁塗装をするなら春・秋がおすすめ?

外壁塗装に適した季節は春と秋で、どちらも雨の日が少なく、空気が乾燥して乾きやすいのが共通点としてあります。

塗装は外壁に塗っておしまいではなく、外壁を洗浄して乾かしてから塗る必要がありますし、塗料も乾燥しないと完成にならないわけです。

塗料がいつまでも乾燥しないと工期が長引いてしまい、コストが上がったり仕上がりも悪くなる恐れがあります。

塗面に雨が当たるのももちろん良くありませんし、作業前であっても雨が降ると作業が延期になってしまい、なかなか始まらず終わらないということにもなりかねません。

雨や湿気の水分は、塗料の乾燥を妨げるだけでなく、密着力や性能にも影響を及ぼすことがあります。

勿論、メーカーは空気中の水分量が多い日も想定していますので、多少の雨や湿気程度なら大丈夫です。。。が適切な水分量というものはありますから、水分が多い日が増えると影響は免れられないでしょう。

だからこそ塗装をするなら春か秋が狙い目で、計画通りに作業が進んだり良好な仕上がりに期待できます。

外壁塗装にふさわしくない月や季節はある?

外壁塗装 時期 季節

逆に外壁塗装にふさわしくない季節は、雨の日が続いたり大雨が降る恐れがある6月以降の雨季です。

梅雨の時期も言うまでもなく良くないですし、外壁塗装の検討においては避けるのが賢明でしょう。この時期に強行して塗装してしまうと、塗装後に雨が降って塗料が流れたり、水分が染み込んで密着不良やひび割れ、膨れなどのトラブルを引き起こします。

工期が長引くことによるコストアップもありますから、塗装する面積が広いマンションは特に、コストの増加が無視できなくなるはずです。

戸建ての外壁塗装も雨季は不向きですし、いくらマンションと比べて塗る範囲は狭いとしても、乾燥に時間を要するのでこの季節や時期は出来れば避けるべきです。

関連記事屋根塗装・外壁塗装時の台風対策や足場について

意外!?実は冬も外壁塗装には不向き!?

一方では冬もふさわしくない季節で、実は乾燥に時間が掛かることから不向きと言えます。冬は空気が乾燥しますが、気温が低いので湿度の印象よりも実際はそれほど早く塗料は乾かないのです。

ドライヤーの温風と冷風を比べてみると分かりますが、同じ湿度の室内であっても、温風の方が早く髪の毛が乾きます。

これは外壁にもいえることで、やはり空気が乾燥していても気温が低いことから塗料の乾燥が遅れます。雨が降らない分、工期に対する影響は雨季よりも小さいですが、降雪する地域だと影響があります。

逆に雪が降らない地域では塗装を受ける企業もあり、閑散期を理由にお得な料金で塗装の提供が行われるケースも珍しくないです。施工の日程が調整しやすいので、これらの点は雨季よりもまだ良いと言えるかもしれません。

塗装別の耐用年数について

塗料の種類塗料耐用年数
アクリル系塗料3〜5年
ウレタン系塗料5〜8年
シリコン系塗料8〜12年
ラジカル制御型塗料10〜15年
フッ素系塗料15〜20年
光触媒塗料塗料15〜20年
無機塗料15〜25年

外壁塗装の塗料には耐用年数があり、最も安価なアクリル系は精々5年、環境によっては3年ほどで寿命を向かえます。ウレタン系は5年以上の耐用年数に期待できますが、それでも10年は持たないケースが大半です。

シリコン系は比較的寿命が長く、10年かそれ以上持つことも少なくないです。

ラジカル制御型は10年から15年と長持ちですが、シリコン系と単価はあまり変わらないので、塗り替える塗料の狙い目となっています。

フッ素系や光触媒塗料は15年以上20年ほどの耐用年数の期間があるので、このあたりが塗り替えの時期となるでしょう。

一番寿命が長いのは無機塗料で、当然ながら単価は上がりますが、15年〜25年も使い続けることができます。

つまりこの期間の間、外壁塗装の劣化を考えなくても良いことを意味しますから、気が楽ですし経済的にも出費が抑えられるので魅力的です。このように、外壁塗装は塗料によって寿命が決まるので、塗料の種類から次の塗り替えのタイミングを考えることをおすすめします。

直射日光や雨風、排気ガスが多く発生する道路に面する壁は劣化が早いので、こちら側の壁を基準に劣化を判断するのも得策です。

だましだまし先延ばしするのにも限界がありますし、劣化により水分が壁内に浸入すると大変ですから、なるべく早めに新しくするのが正解です。

高性能な塗料は単価が高く費用は掛かりますが、その分安心感も段違いですし、長期間にわたって塗りたてに近い状態が保てる点は見逃せないですね。

まとめ

今回は外壁塗装に適した時期の目安や季節などについて紹介しました。春や秋が外壁塗装には相性が良いと言えそうですね。

また塗料の耐用年数についても見てみましたが予算に余裕がある場合は無機塗料の様な高品質な塗料を選ぶと良いかもしれません。

ぜひ外壁塗装のリフォームをお考えの方は参考にしてみて下さい。

▷弊社の外壁塗装の料金目安

ここが違います!こだわりの外壁塗装リフォーム2018口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 

ワンランク上の素材で うでのいい職人が施工する 高品質を低価格で提供

 

その1 塗装の「命」 徹底した下地処理

写真

当社ではひび割れ補修、サビ落としなどの「下地の蘇生」に一番重点を置いています。業者側の立場からすれば、大変手間がかかる一方、塗った直後では、その努力が分かりづらい為、最も「差」が出る作業の一つです。当社では徹底した管理のもと確実に「下地の蘇生」を行いますので、ただ「安いだけ」の塗装専門店ではありません。

 

その2 大安心の3回手塗り  たっぷり 「厚」 塗り!

写真

ご存知ですか? 3回うすーくしか塗ってない塗装も、 パッと見キレイなんです。

これが一般の方には、なかなか判断出来ないから、 外壁塗装の「後悔」「クレーム」が後を絶ちません。 しかし、たっぷり塗料を使った外壁塗装は 「塗料の厚み」が全く違います。 「塗料の厚み」を、つけすぎても良くないんですが、外壁塗装は「塗料の厚み」で長持ちが、ずいぶん変わります。写真

過去300件以上、愛媛県下で施工管理をさせて頂きましたが、 この「厚塗り施工」に、間違いはありませんよ!!

①5年経っても色もツヤも変わらない塗装 ②5年経ったら一気に色あせる塗装 ここを値段だけで見てしまうと 痛い目に合うかも知れません。  
写真

リフォームストアの外壁塗装は、

他店と比べても一目瞭然! 「たっぷり」塗料を使って3回厚塗りしますので、 強くて丈夫な「塗膜」が形成します。 塗り終えた後の 「塗料の厚み」を ぜひ他店と 比べてみて下さい♪ 結果、 外壁塗装の費用対効果を120%引き出します。  

その3 付帯塗装(鉄部・木部・樋・目地コーキング)

私共が知る限り、付帯塗料にまで力を入れている業者さんは非常に少ないのが現状です。外壁・屋根塗料にはいい塗料を使っても、付帯部にはランクの下がる塗料・材料を使ってはバランスが合いません。また、鉄部・木部・目地コーキングは特に劣化が早いので家全体の耐久バランスを考えた塗料選定が必要です。

 

その4 高い専門知識

高い専門知識は職人はもちろん、窓口である営業、現場監督も同等に持っていなければならないと当社は考えています。専門店ならではの三位一体となった「提案・施工・管理」のチームプレーをぜひご覧ください。

 

その5 「塗装が上手」な職人を揃えています。

写真

ありきたりな言葉ですが、専門店である以上、「塗装が上手な」有資格職人を揃えています。激しい競争に勝ち、広く評判になる為に職人の高い技術力と、現場監督の強い責任感で最高の仕上がりをお届けします。

リフォームストアはここまでやります

専門誌にも 当社が取り上げられました!

写真

これぞ、専門店! 選ばれる理由はここにあります。 お客様の疑問・不安・ご予算すべて正直にお答え致します。

・塗料の種類・施工手順・耐久年数等についてのメリット・デメリット ・お客様のご予算も踏まえた上で「費用対効果」の高い施工方法

など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

現場監督による厳しい検査体制があるから施工後の不具合はありません。万が一の際も、すべて「無償」で手直し致します。

 

専門店が厳選した長持ち外壁塗装がこの価格で。 お値段以上の価値を感じていただけます。

 

お問い合わせはコチラ↓からどうぞ
電話:089-904-5683
FAX:089-904-7111
営業時間:9:00~18:00 年中無休(年末年始除く)

外壁塗装 アパート・病院・公共工事 外壁塗装 一戸建て
株式会社リフォームストア