無料勉強会の予定表はこちらから♪

外壁塗装をする理由や必要性とは?メリットやデメリット

住宅を建ててからある程度年月が経つと家は劣化してきます。そうなると外壁の塗装も視野に入ってきますよね。しかし、外壁塗装をするメリットってどんなものがあるの!?こう疑問に思った方も中にはいるのではないでしょうか。

そこでここでは外壁塗装をするべき理由や必要性、そしてメリットやデメリットなど様々な視点でご紹介したいと思います。

今までなんとなく外壁塗装についてぼんやりしていた方も明確になると思いますよ。

目次

外壁塗装をする理由や必要性とは?

外壁塗装

外壁塗装をする理由は、家の外観を美しく保つためだと考えている人が少なくありません。これも重要な1つの理由ですが、その他にも外壁塗装には様々な目的があり、これをしっかりと行っておかないと住宅に悪影響を及ぼすことも多いので確実に行っておく必要があります。

外壁塗装をしないとどうなるかと言うと、ひび割れや塗装の劣化等が発生しそこから雨水が家の中に侵入するといった現象が発生することになります。

日本の住宅の多くは木造であるため、内部に雨水が入り込んでしまうとそこから柱が腐食してしまうといったトラブルを招くことになり、家の中が湿気を帯びてしまったり、最悪の場合には腐って住宅が倒壊してしまうと言った減少を招くことにもなるため非常に重要なものとなっているのです。

つまり、外壁塗装の必要性と言うところでいくと住宅の劣化を防ぎ、長持ちをさせることにあります。

また直射日光などを防ぐことにより冷暖房効果を高め、光熱費を抑えることができる住みやすい環境を維持することができる点も非常に重要なポイントとなっています。

外壁塗装は、状況に応じて定期的に行うことが必要であり、またこれが品質を維持する上でも非常に重要な要素となっているのです。

外壁塗装をする理由は、このような様々な要因によるものとなっており、この理由を十分に認識した上で定期的に行うことが必要となっているほか、住宅にとっても良い影響及ぼすものとなっています。

まずは外壁塗装をしないとどうなるかと言うことを、意識することが必要です。

外壁塗装をするメリット

外壁塗装

外壁塗装は高額な費用がかかる上、相応な期間もかかるため億劫だと考える人も少なくありません。しかしある程度一定の期間が経過したら外壁塗装はした方がいいのが実態であり、そのメリットも非常に大きなものがあります。

外壁は劣化がしてくると塗装面にひび割れが発生したり、表面が弱くなってしまうために雨風の侵入を防ぐことができなくなります。そうなると家の中の環境が悪くなり、カビなどが室内に発生してしまうことも少なくありません。

これらが住宅の品質を劣化させると言う問題を引き起こすこともあり、こうなると修理をすることができなくなってしまうこともあるため注意をすることが必要です。

このように長期間、品質を維持するために必要なものであると同時に、美しさを保つことができるのも特徴であり、これが大きなメリットともなっています。

行う目的が自然環境に対応することができる状況を確保すると言う観点からは、外壁塗装を行う時期は雨の機会が増える梅雨が始まる前に行うことが最も良い方法であり、また梅雨の時期は比較的気温も低いことから塗装を行う際にも安心して行うことができるという利点があります。

そのため、実際にこの時期は非常に予約が取りにくいのも実態となっています。

外壁塗装をするデメリット

外壁塗装

外壁塗装をするデメリットは一般的にはあまり考えられませんが、あえて言うのであれば外壁塗装中のその間は家を思うように利用することができなくなる可能性があることです。

塗装作業を行うために様々な部分の養生が必要であったり、足場をかける必要があることから洗濯物などを屋外に干すことができなくなります。またその業者を見つけるのも非常に難しい作業となることも多いため、場合によっては様々な問題が発生することも少なくありません。

これらがデメリットの理由ですが、住宅を長く維持するための一時的なものであるため、この点は理解をすることが大切です。

外壁塗装を行わずに住宅を長持ちさせるには、最近では金属製のサイディングと呼ばれる壁材を利用したり、あるいはタイルなどを貼り付けるといった方法もあります。しかしこれらの方法であっても定期的にメンテナンスなどを行わなければならず、特にサイディングの場合にはこれを取り外して内部の状況を確認するといったことも住宅のメンテナンスとして必要なものとなっています。

そのため、外壁塗装を行わない場合でもこれらの理由により様々なデメリットが生じるため、自分にとって最適な方法を選ぶことが必要です。

外壁塗装は資産価値を高める事ができるって本当?

外壁塗装

外壁塗装は定期的に行うことで住宅の外観を美しく保つことができるため、見た目の評価が高くなるといったメリットが感じられるものですが、その他にも資産価値が高まる根拠があります。

それは住宅を売却する際の査定において、非常に有利となる要素が存在しているためです。

住宅の価格を評価する場合には専門の鑑定師が独自の視点でそれぞれのポイントをチェックし、その結果に基づいて評価額を算定することになりますが、この中でも最も重要視するのがその内部の状態と予想される耐用年数です。

外壁塗装が定期的に行われている住宅の場合には内部の腐食も非常に少なく、非常に住みやすい環境を提供できる状態となっていることが少なくありません。特に査定の際に最も価値が低下する要因となるのが、木造住宅では必ずつきものとなるシロアリの発生ですが、雨水の侵入等の危険性が少ないために内部が湿気に追われることも少なく、そのためシロアリが入り込む余地が少ないことから比較的美しい状態となっていることが多いものです。

この点から将来的な対応年数を長く確保できると言う判断がなされることが多く、結果的にその評価額が高まることにつながります。

もちろん外見でひび割れが発生していたり、塗装が劣化しているといった場合も評価額が低下することがあるので、この点でも確実に外壁塗装が行われていると有利な条件に働くことがあり、資産価値が高まることになります。

そのため非常に資産価値の観点でも意味のあることとなっており、行っておくことが必要なものとなっています。

まとめ

今回は外壁塗装をする理由や必要性とは?と言うことで外壁塗装をすることによるメリットやデメリットについても見てきました。

外壁塗装をすることで住宅の資産価値が向上するのは嬉しいですよね!もし、これから外壁塗装をしようかどうか迷われている方は一度お問い合わせしてみてはどうでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

(株)リフォームストアのアバター (株)リフォームストア 代表取締役 参川

「良いと思ったことは全部してあげてくれよ!」

という父の言葉を旨にお客様にとって良いリフォームを心がけております。

高品質かつ低価格で安心して相談できるリフォーム会社を目指しております。

目次
閉じる