無料勉強会の予定表はこちらから♪

屋根塗装・外壁塗装時の台風対策や足場について

台風 足場 外壁塗装

今日は、屋根塗装・外壁塗装時の台風対策について記事を書かせて頂きます。

台風シーズンになるとよくお客様より、

台風がきた時には、作業はどうなりますか?

とご質問を頂きます。

まず、下記写真のように飛散防止ネットをたたんで縛り付ける作業を行います。ネットをたたむと風が抜けるので台風の影響を最小限に抑える事ができます。

また、風の強い地域や交通量の多い地域では、転倒防止の補強をいれるケースもあります。こういったケースも追加料金は一切発生致しませんのでご安心ください♪

台風は、接近から上陸まで期間がありますので、その間にすべての現場で点検・対策に伺っております。

目次

台風時期の前に外壁塗装をする方が良いのか?

台風 外壁塗装

毎年のように台風が訪れる日本では、主に8月から9月にかけて大型のものが接近する確率が高くなっています。接近することによって、激しい風や雨が降りかかり、普段通りの生活が難しくなるケースも起こりうるでしょう。

さまざまな被害が発生するのですが、中でも住宅にダメージを与える場合もあります。台風によって被害を受けてしまうと、雨漏りなどの修理が必要になりますよね。

なるべく被害を少なく抑えるためには、外壁塗装を台風のシーズン前に行っておくのがおすすめです。

外壁は通常の雨ではそれほど大きなダメージを受ける部分ではありません。しかし、激しい風を伴いながら吹き込むような雨は外壁に大きなダメージを与えてしまう恐れがあります。

そもそも外壁は経年劣化によってずれやひび割れなどが起きていることも多く、そこから激しい雨が吹き込むことで雨漏りにつながってしまう可能性もあります。さらには雨水の吹込みによって、外壁材や外壁内部の構造材まで腐食してしまう恐れもあります。

そもそも外壁塗装を行っておいた方がいいメリットとしては、外壁部分のダメージを最小限に抑えることができるだけでなく、激しい雨や風があっても住宅の内部まで雨水が吹き込まずに済むと言ったメリットもあるのです。

外壁塗装部分で雨をはじくことができれば、住宅内部まで雨が浸入することはないので、腐食を防げて結果として住宅の寿命を延ばすことにもつながるはずです。そのため、台風の時期になる前に塗装を完了させておくのがおすすめです。

関連記事 外壁塗装をする理由や必要性とは?メリットやデメリット

外壁塗装業者の行う台風対策とは

シーリング剤

台風による住宅のダメージを減らしたいと考えているなら、自分で何とかしようとするのではなく、専門的な知識を持った外壁塗装業者に依頼するのが安心です。

そこで気になるのが、どのような対策を行っているのかという点ですよね。外壁塗装業者が行っている台風対策には、いくつか種類があります。

そもそも台風による激しい風や雨で水分がベニア板や窓の隙間から外壁材や構造材にしみこんでしまうのを防がなければいけないため、まずはシーリングの代替え補修が行われるのが一般的です。

シーリング材の寿命は長くても15年ほどと言われており、短いものだと5年程度しかありません。

劣化したままのシーリング材を使用していると建物の腐食や雨漏りにつながる可能性が高いため、定期的に代替え補修を行うべきです。また、モルタル外壁の場合、ひび割れが起きやすくなるのが特徴。

そのままにしておくと雨水が入り込んでしまうため、クラック補修を行います。

ヘアクラックと呼ばれるものはそこまで雨水が入り込む心配はいりませんが、構造クラックと呼ばれる大きな溝のようなひび割れはそのままにしておくと危険です。構造クラックがある部分はクラック補修で養生し、そのうえで塗装メンテナンスを行います。

外壁塗装で足場を組んでいる場合の対策

外壁塗装 足場

台風シーズン前に外壁塗装を依頼した場合でも、自然災害はいつ発生するか分かりません。もし外壁塗装を行っている途中で台風が接近してしまった場合、設置している足場をどうするのか気になる人もいるはずです。

設置には時間がかかりますが、そのままにしておいたら崩れないのか、塗装は大丈夫なのかなど不安な点が多いです。まず、台風が接近するかもしれないときにはあらかじめ台風の進路を予想したスケジュールを組むのが基本です。

もちろん無謀なスケジュールは組まないので安心して下さい。

足場を組んでいるときですが、そもそも強度基準が定められており簡単に崩れてしまう恐れはありません。崩壊する事故が起きているのは、多くの場合、メッシュシートが原因です。

本来、飛散防止や騒音を防ぐことを目的にメッシュシートが付けられているのですが、風速15m/秒の強風域に入る場合には倒壊事故につながる危険性が高まります。

もし危険がある場合には、対策としてメッシュシートを取り外したり、片側を手繰り寄せて柱などに固定したりといったことで、強風が吹いても倒れないようになるため安心です。また、足場部分にも別で強風対策を行う場合もあるので、もし設置されている場合にも安心して通過するのを待てばいいだけです。

外壁塗装はどれくらいの期間がかかるもの?

外壁塗装 期間

台風シーズンが訪れる前に、大切な自宅を守る外壁塗装をスタートさせておきたいと考える人が多いでしょう。しかし、そろそろ台風シーズンという直前になって依頼してしまうと、作業の途中で台風が接近してしまう恐れもあります。

そこで、事前に塗装工事にどのぐらいの期間が必要なのか知っておけば、あらかじめシーズン前に工事を完了させておくことができて安心です。

外壁塗装の工事は、およそ15日間〜20日間かかることが多いです。

ただし、あくまでもおよその期間であり、季節や天候状態、作業を行う人数などによって差が出るため、あくまでも目安として考えましょう。

外壁塗装では足場の組み立てから何度も塗装を行う必要があり、短期間で工事が完了することはありません。もし、工事を依頼した会社が10日間よりも短い工期を示して来たら、もしかしたら悪質業者かもしれないので注意が必要です。

天候のいい日が続いたとしても、最低15日間は必要と考えておくと安心です。夏場でカラッとした天気が続く日なら15日間程度で工事が完了しますが、反対に冬場や雨が続きやすい湿気が多い季節だと1か月以上かかることもあります。

工事の日程の目安としては、

  1. 足場や飛散防止シートの設置
  2. 高圧洗浄等で外壁の汚れを落とす
  3. 下地処理や養生
  4. 塗装作業を繰り返し行った後、最後に点検して足場を撤去する

上記のような流れが一般的になります。そして外壁の塗装作業は下塗り、中塗り、上塗りと3日間程度必要となります。

まとめ

今回は外壁塗装における台風対策について紹介しました。

台風シーズンの外壁塗装の場合はあらかじめ台風の進路を予測してスケジュールを組みますので、安心して下さいね。

おすすめは台風が発生しやすい時期(8〜9月)の前に外壁塗装を行うのが良いと思います。

 

【ご対応地域】松山市・伊予市・東温市・砥部町・松前町・久万高原町・今治市・西条市・新居浜市・四国中央市・大洲市・八幡浜市・西予市・内子町・伊方町

【ご対応工事】外壁塗装 / 屋根塗装 / 増改築 / 防水工事 / キッチン・バス・水廻り / クロス・内装 / 外構・エクステリア /その他ご相談ください☆

 

 

家のお困り事はなんでもご相談下さい❣

愛媛県全域スグ駆け付けます☆

ホームページはこちらをクリック↓↓

https://www.reform-store.com/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

(株)リフォームストアのアバター (株)リフォームストア 代表取締役 参川

「良いと思ったことは全部してあげてくれよ!」

という父の言葉を旨にお客様にとって良いリフォームを心がけております。

高品質かつ低価格で安心して相談できるリフォーム会社を目指しております。

TOP
目次
閉じる