高齢者向けのバリアフリーリフォームのメリットとデメリット

バリアフリーのメリットデメリット コラム

高齢者向けのバリアフリーへのリフォームを考えている方も多いのではないでしょうか。

ただ、バリアフリーのリフォームと言ってもどこからどこまでをリフォームすれば良いのか、そしてメリットだけでなくどんなデメリットがあるのかなどは気になりますよね。

そこでここではそんな高齢者向けのバリアフリーリフォームのメリットやデメリットについてご紹介していきたいと思います。

高齢者のバリアフリー住宅について

バリアフリー住宅

高齢者のバリアフリー住宅は、上下移動が難しくなる高齢者に配慮して、段差の少ないフラットな構造を持つのが特徴です。

バリアフリーとは障壁がないという意味があり、また、物理的、精神的な障害を取り除くことを指します。

日本では主に高齢者や障がい者向けの住宅や施設において、バリアフリーの配慮や取り組みが見られます。

バリアフリーの種類は実に様々で、

  • 住宅だと玄関にスロープを設置したり
  • トイレやお風呂に手すりを付ける
  • 浴室の床を滑りにくくしたり
  • バスタブを低くして入浴や入浴の介助をしやすくする
  • 各部屋を行き来しやすく、洗面所を車椅子で利用できるようにする
  • 空間を広く設ける
  • 引き戸にする
  • 照明器具のスイッチは大きなものを選び、簡単にON・OFFできるようにしたり

などなどたくさんありますよね。

また、キッチンのバリアフリーの種類としては、IH調理器具の導入、高さを変えられる昇降機能付きの調理台の設置なども挙げられます。

このように、バリアフリーとはあらゆる部分に不便がないかを考えたり配慮することでもあるのです。

高齢者向けバリアフリー住宅のメリット・デメリット

メリットとデメリット

ここからは高齢者向けにバリアフリー住宅にリフォームする際のメリットやデメリットについても触れたいと思います。

メリット

補助金制度が用意されている

高齢者向けバリアフリー住宅にあるメリットはやはり、補助金制度が用意されていて、予算以上の配慮が行えることにあります。

工事費用や補助される金額の上限はありますが、それでも補助金制度が使えることは大きいです。
バリアフリー目的の改修であれば、減税対象となって所得控除による還元が受けられる可能性があります。

年齢に要介護や要支援の認定、障がいを抱えているか否か、親族の同居人などの条件はあるものの、こちらも見逃すことのできない制度です。

介助のしやすさ

そして転倒リスクの軽減や介助のしやすさ、部屋ごとの温度差が小さくなるといったメリットもあります。

具体的にどんなメリットが得られるかは、改修する部分や範囲にもよりますが、本格的な高齢者向けバリアフリー住宅だと、これらの恩恵が受けられます。

光熱費を抑えることができたり、耐震性や耐久性に期待できる住宅が手に入るのも見逃せないところです。

高齢者にとって住みやすい家、そして介助する人にも優しい家にもなりますので、バリアフリー住宅はとても魅力的でもあります。

ただ、メリットがあればデメリットもあります。次はバリアフリー住宅におけるデメリットについていくつか紹介します。

デメリット

費用が高額になりやすい

高齢者向けバリアフリー住宅のデメリットは、費用が生じて高額になるのが問題点の1つで、しっかりと計画的に資金を用意する必要があることです。

非バリアフリーの場所での対応

それから段差がなくなる分、外からホコリや虫が侵入しやすくなったり、バリアフリーに慣れることで非対応の場所でうっかり躓きやすくなることなどもデメリットになるかもしれません。

手すりは高齢者にとっては便利ですが、必要のない人にとっては慣れるまで邪魔に感じますし、慣れても空間を狭く捉えてしまう点は変わらないかもしれません。

限られる敷地を改修するわけですので、どこか1つ空間を広く取れば、その分他が狭くなることは避けられません。

このようなデメリットや問題点はありますので、良し悪しを把握したり比較検討して、納得のいく住宅を手に入れたいものです。

高齢者は確かに住みやすくなりますが、高齢という制限が根本から解消されるわけではないので、バリアフリー化しても精神的な障壁は残り得ることに注意が必要です。

まとめ

これから超高齢化社会に突入していく日本にとってバリアフリーというキーワードは切っても切れないかもしれません。

高齢者にとっても介助する人間にとっても利用しやすい環境にリフォームできれば良いですよね。

ここが違います!こだわりの外壁塗装 リフォーム2018 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心  

ワンランク上の素材で うでのいい職人が施工する 高品質を低価格で提供

 

その1 塗装の「命」 徹底した下地処理

写真

当社ではひび割れ補修、サビ落としなどの「下地の蘇生」に一番重点を置いています。業者側の立場からすれば、大変手間がかかる一方、塗った直後では、その努力が分かりづらい為、最も「差」が出る作業の一つです。当社では徹底した管理のもと確実に「下地の蘇生」を行いますので、ただ「安いだけ」の塗装専門店ではありません。

 

その2 大安心の3回手塗り  たっぷり 「厚」 塗り!

写真

ご存知ですか? 3回うすーくしか塗ってない塗装も、 パッと見キレイなんです。

これが一般の方には、なかなか判断出来ないから、 外壁塗装の「後悔」「クレーム」が後を絶ちません。 しかし、たっぷり塗料を使った外壁塗装は 「塗料の厚み」が全く違います。 「塗料の厚み」を、つけすぎても良くないんですが、 外壁塗装は「塗料の厚み」で長持ちが、ずいぶん変わります。 写真

過去300件以上、愛媛県下で施工管理をさせて頂きましたが、 この「厚塗り施工」に、間違いはありませんよ!!

①5年経っても色もツヤも変わらない塗装 ②5年経ったら一気に色あせる塗装 ここを値段だけで見てしまうと 痛い目に合うかも知れません。  
写真

リフォームストアの外壁塗装は、

他店と比べても一目瞭然! 「たっぷり」塗料を使って3回厚塗りしますので、 強くて丈夫な「塗膜」が形成します。 塗り終えた後の 「塗料の厚み」を ぜひ他店と 比べてみて下さい♪ 結果、 外壁塗装の費用対効果を120%引き出します。  

その3 付帯塗装(鉄部・木部・樋・目地コーキング)

私共が知る限り、付帯塗料にまで力を入れている業者さんは非常に少ないのが現状です。外壁・屋根塗料にはいい塗料を使っても、付帯部にはランクの下がる塗料・材料を使ってはバランスが合いません。また、鉄部・木部・目地コーキングは特に劣化が早いので家全体の耐久バランスを考えた塗料選定が必要です。

 

その4 高い専門知識

高い専門知識は職人はもちろん、窓口である営業、現場監督も同等に持っていなければならないと当社は考えています。専門店ならではの三位一体となった「提案・施工・管理」のチームプレーをぜひご覧ください。

 

その5 「塗装が上手」な職人を揃えています。

写真

ありきたりな言葉ですが、専門店である以上、「塗装が上手な」有資格職人を揃えています。激しい競争に勝ち、広く評判になる為に職人の高い技術力と、現場監督の強い責任感で最高の仕上がりをお届けします。

リフォームストアはここまでやります

専門誌にも 当社が取り上げられました!

写真

これぞ、専門店! 選ばれる理由はここにあります。 お客様の疑問・不安・ご予算すべて正直にお答え致します。

・塗料の種類・施工手順・耐久年数等についてのメリット・デメリット ・お客様のご予算も踏まえた上で「費用対効果」の高い施工方法

など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

現場監督による厳しい検査体制があるから施工後の不具合はありません。万が一の際も、すべて「無償」で手直し致します。

 

専門店が厳選した長持ち外壁塗装がこの価格で。 お値段以上の価値を感じていただけます。

 

お問い合わせはコチラ↓からどうぞ
電話:089-904-5683
FAX:089-904-7111
営業時間:9:00~18:00 年中無休(年末年始除く)

コラム
シェアする
株式会社リフォームストア