無料勉強会の予定表はこちらから♪

外壁塗装とサイディング張り替えならどっちがお得なリフォーム?

外壁塗装とサイディング張り替え

住宅のメンテナンスにおいて外壁塗装、もしくはサイディングの張り替えを考えた場合、どちらがお得にリフォームできるのかは気になりますよね。

リフォーム後に後悔しない為にも、外壁塗装とサイディングのそれぞれのメリット、デメリットを事前に知っておくことで回避する事が出来るはずです。

ここでは住宅のリフォームにおける外壁塗装とサイディングについてご紹介したいと思います。

目次

外壁塗装とサイディング張り替えならどっちがお得?

外壁塗装とサイディング張り替え

住宅はご存知の通り、メンテナンスが必要であり、一戸建ての場合ならば5年に一度は外壁や屋根のチェックをした方が良いと言われています。

外壁塗装やサイディングの張り替えはそれぞれにメリットとデメリットがありますので、あなたに合った方を選ぶ必要がありますので、お得感だけでなく両者の特性をしっかり知っておく必要もあります。

外壁塗装

ペンキが剥がれていたりくすんでいたりすると塗装が弱くなっている証拠でもあるので、普段は大丈夫でも台風や大雨などによってダメージをさらに受けると雨漏りの原因となってしまうことも少なくありません。

もちろん5年ごとではなくチェックの目安として約5年と設定して、外壁塗装の業者へ外装のチェックをお願いしておけば、いざという時にも工事へスムーズに進むことが出来ます。

サイディングの張り替え

一方サイディングは登場して普及を始めた頃には、塗装よりも費用がかかる分だけ長持ちがするので半永久的に使えると言われておりました。。。

現在は素材や塗料の進化により窯業系素材が開発され、耐用年数が上がり価格も以前と比べれば比較的に割安に推移してきています。

しかし、当初キャッチセールスになっていた半永久的な使用は現実には叶わず、定期的な外壁交換や張り替えサイディングの塗装などが必要なことが分かりました。

外壁塗装よりも耐久性が高い物の、サイディングも定期的なメンテナンスは必要不可欠になります。

コストパフォーマンスで選べば定期的な塗装の方がメリットがありますが、塗料によっては耐用年数が低い為に頻度の高い塗装工事が必要なことがデメリットになります。

工事の煩わしさなどを考えて対応が苦手な人は、外壁材での施工を選択して耐用年数を上げるなどの処置をしてもらった方が良いかもしれません。

あわせて読みたい
外壁塗装における吹き付けの種類や特徴について 外壁塗装で吹き付けを行う際には幾つかの工法があります。それぞれに特徴があり仕上がりにも違いがあります。仕上がりの違いを知っておくことで、自宅の吹き付けは何の...

外壁塗装のメリットとデメリット

外壁塗装のメリットとデメリット

外壁塗装の場合、色々なメリットがあります。例えば、

  • 家の外観の個性などに無関係
  • 外壁材を使う施工よりも抑えた値段で工事が可能
  • 塗料は調合すれば好きなカラーが出来ます
  • 価格や機能に合わせて好みの材料を選ぶことで耐用年数を延ばすことも可能

塗料の種類は大きく分けて「顔料系」と、「合成樹脂系」に大別されます。それぞれメリットがありますが、後発された合成樹脂系は多機能ではありますが、比較的に材料費が高くなることがデメリットになります。

その代わりに付加的な機能もあり、フッ素系は汚れが付きにくく水も弾き飛ばすほどの防水力の高さが特徴的と言われています。

外壁塗装してから何年も使える耐久性の高さも特徴的で、おおよその目安では次の塗り替えまで15年程度は耐久性が保たれると言われています。

最も一般的なアクリル系は耐用年数がフッ素系に比べれば半分程度になります。その代わりに費用的な負担も一番少ないので、リーズナブルに塗り替えたい時には選択肢の一つになるはずです。

あわせて読みたい
外壁塗装で火災保険を使う際デメリットはある?条件や注意点について 外壁塗装で火災保険を使わなくてはいけないケースもあるかもしれません。万が一の保険ですが、使用する場合にもデメリットがいくつかあります。 また、火災保険を使用す...

サイディング張り替えのメリットとデメリット

サイディング張り替えのメリットとデメリット

外壁に貼る板材での仕上げをサイディングと呼びます。

過去にはモルタルで外壁の仕上げをしておりましたが、費用的な負担や工事期間の短縮などを目的にして仕上げの板材を使うようになった経緯があります。

サイディングのメリット

工業製品なので品質は安定していて、寸法通りにカットすれば少ない工程で作業が終了させる事が出来るメリットがあります。

さらに見栄えにも優れており、現在では一般住宅だけではなく自動車のディーラーやさまざまな店舗でも使用されているのです。

板材は特殊な焼付塗装や高温で処理がされており、耐久性が高くなっております。しかし、風雨や直射日光を浴びると劣化して来るので、何年かに一回は洗浄と表面の塗装をすることが推奨されています。

希望と予算に応じては張り替えを検討することも出来るので、塗装をせずに10年間を目安にして全体を張り替えるユーザーもいるのです。

サイディングのデメリット

サイディングのデメリットとしては施工価格が単純な塗装よりも高く、施工が難しい場合がありコスト面での負担がやや大きくなると言えそうです。

外壁の塗り替え・張り替えを選ぶ際の基準ってある?

外壁の塗り替え・張り替えを選ぶ際の基準

外壁塗装の家でも後付けでカバー工法によって、施工することが出来ます。

費用的には大きくなりますが外観のイメージを大きく変えて、風雨に強くすることが可能になっているのです。元々の外壁を保護する効果もあるので、住宅の耐用年数を上げる効果にも少なからず期待が出来ます。

サイディングにしても塗装にしても、定期的なメンテナンスや補修は絶対に必要であり、メンテナンスを怠ってしまうと重要な瑕疵が生じてしまう危険性は少なくありません。

そのため塗り替えと張り替えのどちらかを選択する場合は、好みと予算によって検討した方が失敗も少なくなります。

それぞれを選ぶ基準やポイント

選ぶ基準はメリットとデメリット、そして15年後や30年後までのランニングコストを一覧にして見積もりを出してみると分かりやすくなります。

サイディングは素材自体には耐久性があると言われておりますが、目地など隙間を埋めるコーキングの材料は10年程度で大規模改修が必要です。

その費用が10年ごとに50万円かかるとして、30年単位では150万円が必要になります。

板材表面の塗り替えや補修などでプラスの出費が出ることも、計算に入れておきましょう。

塗装の場合には塗り替え時に100万円程度の費用は発生すると考えて、さらにヒビなどの補修などでプラスの出費を見込まねばなりません。

ランニングコスト的には塗装の方が高くなりやすいかもしれませんが、初期投資としてはサイディングの方が高くなるので、見積もりと将来的な維持費を考えて計算して決定することが、将来的にも後悔のない選択になるはずです。

あわせて読みたい
外壁塗装にフッ素塗料を使う際のメリット・デメリット 外壁塗装をする際に塗料を選ぶわけですが、シリコン塗料やフッ素塗料など色々な塗料名を聞くことがあると思います。なんとなく聞いたことはあるものの実際どんな塗料な...

まとめ

今回は外壁塗装とサイディングの張り替えでどちらがお得なのかを考えてみました。

個人的には住宅の外観の個性にも影響されることが無い外壁塗装の方がおすすめですが、トータルのコスト面を考えると甲乙つけ難し。。。かもしれませんね。

外壁塗装とサイディングの張り替え、あなたにとってベストな手段を選んで下さい。

あわせて読みたい
外壁塗装を契約解除したい!クーリングオフのやり方や書面の書き方 外壁塗装の契約をしたものの、契約解除痛いと考える場合もあるかもしれません。 そんな時に便利なのがクーリングオフという制度です。ただ、このクーリングオフにもいつ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

(株)リフォームストアのアバター (株)リフォームストア 代表取締役 参川

「良いと思ったことは全部してあげてくれよ!」

という父の言葉を旨にお客様にとって良いリフォームを心がけております。

高品質かつ低価格で安心して相談できるリフォーム会社を目指しております。

TOP
目次
閉じる