近さは安心。口コミの多さは信頼の証。
外壁塗装
キッチン・バス・水廻り
クロス・内装・増改築
外構・エクステリア

雨漏りと漏水の違いや漏水の見つけ方・原因調査について

雨漏りと漏水の違い防水工事

一見、雨漏りと漏水の言葉は似ていますが、実はハッキリとした違いがあります。きちんと知っていると建築に興味を持ったり、住まいの安全のためにチェックする習慣をつけることができます。

そこでここでは雨漏りと漏水の違い、また漏水の見つけ方についても紹介したいと思いますので、今まであまり違いが分からなかった方でもしっかりと理解ができるはずです。

雨漏りと漏水の違いとは

ここでは「雨漏り」と「漏水」の違いについて紹介したいと思います。

雨漏りとは

雨漏りとは雨水が建物の内部へと侵入してしまい、外壁の穴などから侵入することを意味しています。

長い間建ち続ける建物は、外壁にひび割れが発生することも多く、隙間から雨水が侵入してしまうこともあるので注意が必要です。雨漏りは気付いたときには、すでに建物の劣化が進んでいる状態となっている怖さもあるので、定期的に住宅の点検を行うことをおすすめします。

天井から雨水が落ちている場合はすでに屋根裏である程度、木材が傷んでる可能性もあります。

漏水とは

漏水とは配管などが劣化して水道管から水が漏れてしまうことを意味しています。

漏水の対策は、劣化している水道管を新しいものに交換するなど、点検や交換作業をおこなうことが大事です。マンションも長期建ち続けている場合、外壁や水道管の老朽化が進んでいることが考えられます。

安心して暮らせる住まいとなるように、しっかりと点検を行うことが安心につながります。もしもの時のトラブルにも、迅速に対応できるようにするため、安心して相談できる専門業者を探しておきましょう。

雨水による漏水の見つけ方

雨水による漏水の見つけ方のポイントとしては、「音」と「臭い」の2つがあります。ここではそれぞれのポイントについて紹介します。

「音」を聞く事による漏水の見つけ方

雨水による漏水を見つける場合、雨水の音を聞くことで、どこから水が漏れているのかを早めに知ることが可能です。

水道管の構造や屋根の構造など、建築の基礎知識を身に付けて、定期的に音を聞くなどして、異変にすぐに気づけるようにすることをおすすめします。

実は漏水している場合、雨水の音を聞くことで、建物で亀裂が入っているところから水がぽたぽたと落ちている音がするのが分かるのです。

具体的には雨の日に天井をチェックしたり、音がしていないかを調べることになるのですが、普段から気を付けておく事で緊急時の対応もスムーズに進められます。

もし、天井から雨水が落ちている場合は、古典的ですが…バケツを用意して、バケツで水を受け止められるようにしましょう。事前に連絡先をメモしておいた修理の専門業者に連絡をして、緊急時でもすぐに駆け付けてもらえるようにすること。。。これが早期発見、修理改善において大切になってきます。

「臭い」による漏水の見つけ方

漏水の見つけ方は他にもあり、壁や床の臭いをかぐなど、カビ臭いところがあれば、水が漏れている可能性があります。生活している中で普段とは違う臭いを感じる場合は要チェックです。

建物によっては、修繕の保証期間が残っている可能性もあるので、保証面にも注意しながら、修理代を心配することなく、直せるように備えましょう。

漏水の原因や調査方法について

ここでは漏水の原因と漏水の調査方法について簡単にご紹介したいと思います。

漏水の原因はメンテナンスを怠っているから?

漏水の原因は、建物やトイレやキッチンなどの普段使っている設備をきちんとメンテナンスしていないことが原因となります。

建物も設備も老朽化が進むため、定期的に点検を行い、トラブルが発生しないようにメンテナンスや修理をおこなうことも大事です。

漏水の調査方法

漏水の調査方法はいくつかあって、自分で調査する場合は目で建物や設備の目視確認。そして音や臭いで異変がないかどうかを日々の生活の中でチェックします。

また、プロであれば屋根を調査したり、床下に潜って調査したりなど、細かく調査する事もできますのでハッキリとした原因を突き止めることができます。

雨漏りに注意したい方は外壁塗装が大事ですし、漏水は水道管の点検を行うなど、古いものは交換作業を進めることが必要になります。

事前に相談しやすいスタッフのいる専門業者を見つけておく事で、トラブルが起こる心配もなく、安心して調査を依頼できます。

まとめ

今回は雨漏りと漏水の違い、そしてその原因について見てみました。一見同じような言葉ではありますが、意味合いは全く違うものとなります。

快適な生活を担保する為にも普段から各所のチェックやメンテナンスに気を付ける様にしたいものですね。

ここが違います!こだわりの外壁塗装リフォーム2018口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 

ワンランク上の素材で うでのいい職人が施工する 高品質を低価格で提供

 

その1 塗装の「命」 徹底した下地処理

写真

当社ではひび割れ補修、サビ落としなどの「下地の蘇生」に一番重点を置いています。業者側の立場からすれば、大変手間がかかる一方、塗った直後では、その努力が分かりづらい為、最も「差」が出る作業の一つです。当社では徹底した管理のもと確実に「下地の蘇生」を行いますので、ただ「安いだけ」の塗装専門店ではありません。

 

その2 大安心の3回手塗り  たっぷり 「厚」 塗り!

写真

ご存知ですか? 3回うすーくしか塗ってない塗装も、 パッと見キレイなんです。

これが一般の方には、なかなか判断出来ないから、 外壁塗装の「後悔」「クレーム」が後を絶ちません。 しかし、たっぷり塗料を使った外壁塗装は 「塗料の厚み」が全く違います。 「塗料の厚み」を、つけすぎても良くないんですが、外壁塗装は「塗料の厚み」で長持ちが、ずいぶん変わります。写真

過去300件以上、愛媛県下で施工管理をさせて頂きましたが、 この「厚塗り施工」に、間違いはありませんよ!!

①5年経っても色もツヤも変わらない塗装 ②5年経ったら一気に色あせる塗装 ここを値段だけで見てしまうと 痛い目に合うかも知れません。  
写真

リフォームストアの外壁塗装は、

他店と比べても一目瞭然! 「たっぷり」塗料を使って3回厚塗りしますので、 強くて丈夫な「塗膜」が形成します。 塗り終えた後の 「塗料の厚み」を ぜひ他店と 比べてみて下さい♪ 結果、 外壁塗装の費用対効果を120%引き出します。  

その3 付帯塗装(鉄部・木部・樋・目地コーキング)

私共が知る限り、付帯塗料にまで力を入れている業者さんは非常に少ないのが現状です。外壁・屋根塗料にはいい塗料を使っても、付帯部にはランクの下がる塗料・材料を使ってはバランスが合いません。また、鉄部・木部・目地コーキングは特に劣化が早いので家全体の耐久バランスを考えた塗料選定が必要です。

 

その4 高い専門知識

高い専門知識は職人はもちろん、窓口である営業、現場監督も同等に持っていなければならないと当社は考えています。専門店ならではの三位一体となった「提案・施工・管理」のチームプレーをぜひご覧ください。

 

その5 「塗装が上手」な職人を揃えています。

写真

ありきたりな言葉ですが、専門店である以上、「塗装が上手な」有資格職人を揃えています。激しい競争に勝ち、広く評判になる為に職人の高い技術力と、現場監督の強い責任感で最高の仕上がりをお届けします。

リフォームストアはここまでやります

専門誌にも 当社が取り上げられました!

写真

これぞ、専門店! 選ばれる理由はここにあります。 お客様の疑問・不安・ご予算すべて正直にお答え致します。

・塗料の種類・施工手順・耐久年数等についてのメリット・デメリット ・お客様のご予算も踏まえた上で「費用対効果」の高い施工方法

など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

現場監督による厳しい検査体制があるから施工後の不具合はありません。万が一の際も、すべて「無償」で手直し致します。

 

専門店が厳選した長持ち外壁塗装がこの価格で。 お値段以上の価値を感じていただけます。

 

お問い合わせはコチラ↓からどうぞ
電話:089-904-5683
FAX:089-904-7111
営業時間:9:00~18:00 年中無休(年末年始除く)

防水工事
株式会社リフォームストア