近さは安心。口コミの多さは信頼の証。
外壁塗装
キッチン・バス・水廻り
クロス・内装・増改築
外構・エクステリア

家におけるリニューアル・リフォーム・リノベーションの違いとは?

違いリフォーム

家を建ててから長く住んでいると色々な箇所が劣化してきます。

そうなってくると家のリフォーム…となるのですが、リフォームと似た言葉ってたくさんありますよね。

「リニューアル」・「リフォーム」・「リノベーション」それぞれの違いについて語れる人は意外と少ないかもしれません。

ここでは住宅における「リニューアル」・「リフォーム」・「リノベーション」の違いについて解説してみたいと思います。

今まで違いがよく分からなかった方も最後まで読んでいただく事で理解を深めることが出来るはずです。

住宅のリニューアルとは

リニューアル

住宅におけるリニューアルとは対象の物件に備わっている「設備」もしくは「性能」をこれまでよりも向上させる事を指します。

ご存知の通り全ての住宅には日常生活を営む上で必要な物が備わっていますが、年月が経過するにつれて少しずつ本来の性能ではなくなったり、老朽化したりします。

住宅というのは、毎日の生活を営む場でありつつも資産としての役割を有している物でもあります。

その為、年月が経過している住宅であってもリニューアルをすることによって時代に適した快適な家となり、また資産性も向上させることが出来るのです。

住宅のリフォームとは

リフォーム

リフォームとは長い年月が過ぎた事によって、古くなってしまった住宅の補修をしたり、壊れてしまって本来の役割が果たせなくなった設備を直して再び使えるようにする事を指します。

例えば、

  • 壁紙の張り替え
  • 畳の張り替え
  • 外壁の塗装
  • 水回りの修復 etc

などが挙げられ、全てに共通しているのは住宅においてピンポイントに施工をしているという点です。

ピンポイントに施工をするということは、その特性上、費用を最小限にすることが出来るだけでなく、今まで使用出来なくなっていた箇所も再びその機能を復活させることが出来るようになります。

言わば、小さな費用負担で住み慣れた家での生活が再び新鮮に感じることが出来るのです。

住宅リフォームのメリット

リフォームは施工を行う箇所が限定されますので工事に着手してから完了するまでの期間が短いのもメリットとして挙げられます。

特に早い事例では半日間で済ませられる事例も珍しくないため、リフォーム工事によって生活習慣を変化させたり一時的に他に住まいを用意する必要もほとんどのケースありません。

住宅リフォームのデメリット

住宅リフォームのデメリットとしては、大幅に間取りを変える事はできない特性もありますので、また、ピンポイント的に作業をするので動線などを変更させる事は出来にくいです。

見た目は変わるものの室内での過ごし方や動き方はこれまでと同じである場合が多いです。

住宅のリノベーションとは

リノベーション

住宅のリノベーションとは築年数の長い中古住宅を購入後、生活する人の好みなどに合わせて自由に作り変える様子を指します。

例えば、元来は複数の部屋が存在していた物件だったけども、いつも子供に目を向けていられるように部屋と部屋の間にあった壁を取り除いて大きな一つの空間にしたり、趣味に向き合う時間を過ごす場所として広い作業場や土間を新たに設ける事など…ですね。

他にも間取りなどは大きく変更せずに現在の耐震性能を持たせたり、断熱材を新しくして冬はもちろん夏も快適に過ごしやすくする事例などもあります。

リノベーションのメリット

リノベーションのメリットとしては、

  • 注文住宅を購入した時のように個々の好みや目的に合っている住宅が手に入れやすい
  • 導入設備を既成品ではなく独自設計してもらったキッチンや洗面台にしてもらう事も可能
  • 中古物件なので購入しやすい価格で買い求められ、新築で購入するよりも立地に優れている場所で生活が始めやすい事も…

リノベーションのデメリット

リノベーションのデメリットを挙げるとすれば、完成後のイメージが完成前に完璧に把握できないことがある…ということです。

その為、イメージし難いと感じた場合は、依頼している業者さんに相談すればCGを活用して説明してもらえるはずですので不安な場合は積極的に相談してみましょう。

まとめ

今回は家におけるリニューアル・リフォーム・リノベーションの違いについてみてみました。

最後にまとめると、

住宅のリニューアル:「設備」もしくは「性能」をこれまでよりも向上させる事

住宅のリフォーム:古くなってしまった住宅の補修をしたり、壊れてしまって本来の役割が果たせなくなった設備を直して再び使えるようにする事

住宅のリノベーション:中古住宅を購入後、生活する人の好みなどに合わせて自由に作り変える様子

このようにまとめられそうですね。

ぜひ参考にしてみて下さい。

ここが違います!こだわりの外壁塗装リフォーム2018口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 

ワンランク上の素材で うでのいい職人が施工する 高品質を低価格で提供

 

その1 塗装の「命」 徹底した下地処理

写真

当社ではひび割れ補修、サビ落としなどの「下地の蘇生」に一番重点を置いています。業者側の立場からすれば、大変手間がかかる一方、塗った直後では、その努力が分かりづらい為、最も「差」が出る作業の一つです。当社では徹底した管理のもと確実に「下地の蘇生」を行いますので、ただ「安いだけ」の塗装専門店ではありません。

 

その2 大安心の3回手塗り  たっぷり 「厚」 塗り!

写真

ご存知ですか? 3回うすーくしか塗ってない塗装も、 パッと見キレイなんです。

これが一般の方には、なかなか判断出来ないから、 外壁塗装の「後悔」「クレーム」が後を絶ちません。 しかし、たっぷり塗料を使った外壁塗装は 「塗料の厚み」が全く違います。 「塗料の厚み」を、つけすぎても良くないんですが、外壁塗装は「塗料の厚み」で長持ちが、ずいぶん変わります。写真

過去300件以上、愛媛県下で施工管理をさせて頂きましたが、 この「厚塗り施工」に、間違いはありませんよ!!

①5年経っても色もツヤも変わらない塗装 ②5年経ったら一気に色あせる塗装 ここを値段だけで見てしまうと 痛い目に合うかも知れません。  
写真

リフォームストアの外壁塗装は、

他店と比べても一目瞭然! 「たっぷり」塗料を使って3回厚塗りしますので、 強くて丈夫な「塗膜」が形成します。 塗り終えた後の 「塗料の厚み」を ぜひ他店と 比べてみて下さい♪ 結果、 外壁塗装の費用対効果を120%引き出します。  

その3 付帯塗装(鉄部・木部・樋・目地コーキング)

私共が知る限り、付帯塗料にまで力を入れている業者さんは非常に少ないのが現状です。外壁・屋根塗料にはいい塗料を使っても、付帯部にはランクの下がる塗料・材料を使ってはバランスが合いません。また、鉄部・木部・目地コーキングは特に劣化が早いので家全体の耐久バランスを考えた塗料選定が必要です。

 

その4 高い専門知識

高い専門知識は職人はもちろん、窓口である営業、現場監督も同等に持っていなければならないと当社は考えています。専門店ならではの三位一体となった「提案・施工・管理」のチームプレーをぜひご覧ください。

 

その5 「塗装が上手」な職人を揃えています。

写真

ありきたりな言葉ですが、専門店である以上、「塗装が上手な」有資格職人を揃えています。激しい競争に勝ち、広く評判になる為に職人の高い技術力と、現場監督の強い責任感で最高の仕上がりをお届けします。

リフォームストアはここまでやります

専門誌にも 当社が取り上げられました!

写真

これぞ、専門店! 選ばれる理由はここにあります。 お客様の疑問・不安・ご予算すべて正直にお答え致します。

・塗料の種類・施工手順・耐久年数等についてのメリット・デメリット ・お客様のご予算も踏まえた上で「費用対効果」の高い施工方法

など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

現場監督による厳しい検査体制があるから施工後の不具合はありません。万が一の際も、すべて「無償」で手直し致します。

 

専門店が厳選した長持ち外壁塗装がこの価格で。 お値段以上の価値を感じていただけます。

 

お問い合わせはコチラ↓からどうぞ
電話:089-904-5683
FAX:089-904-7111
営業時間:9:00~18:00 年中無休(年末年始除く)

リフォーム
株式会社リフォームストア