無料勉強会の予定表はこちらから♪

ビルトインガレージへリフォームする場合の費用相場について

車好きの方やバイク好きの方は一度はビルトインガレージに憧れたことがあるのではないでしょうか。もしかするとあなたのお家もリフォームすることでビルトインガレージを手に入れることが出来るかもしれません。

しかし、気になるのはビルトインガレージにリフォームする際の費用面…ではないでしょうか?

費用が高くなりそうだと中々踏み切ることが出来ませんよね。ということでここではビルトインガレージにリフォームする際の費用相場や、逆にビルトインガレージにすることで想定される後悔例などについても紹介したいと思います。

お家のリフォームでビルトインガレージを考えている方の一助となれば幸いです。

関連記事リノベーションとリフォームとリニューアルの違いとは何?

目次

家をビルトインガレージにリフォームする際の費用相場

ビルトインガレージ

建物の内部に駐車スペースを確保する、これは屋外に出ることなく車の利用ができるメリットがあります。特に、天候が悪いときなど建物内部に駐車スペースを確保できるのであれば、荷物の出し入れの際など傘をさすことなく作業ができたり、小さなお子さんがいる家庭などでも子供たちを雨から守れるなどのメリットもあるわけです。

このような屋内に駐車スペースを設置することをビルトインガレージと呼びますが、現在の住居にこのようなスペースを設けたいけれども、費用相場がわからないとリフォームへの興味関心が薄れてしまうケースも少なくありません。

基本的に、ビルトインガレージは建物と一体化している設備などからも、その単体での費用は坪単価で考えるのがおすすめです。

おおよその坪単価としては50万円~80万円が相場といわれているので、駐車スペースが4~5坪程度の場合であれば費用相場は200万円~400万円などの計算ができます。

所有している車のサイズなどによって駐車スペースが変わりますが、3坪あれば十分といった場合などでは150万円前後で済みますし、坪単価そのものがこれよりも安いリフォーム会社を選べば全体的なコストも下がって来ますので、ビルトインガレージを我が家に設置して見たい人などは工務店やハウスメーカーなどこれから注文住宅の家づくりのサポートを行う会社に相談されると良いでしょう。

なお、単価は施工会社により異なるので見積もりを数社に依頼するのも良い方法となります。当社でも過去にビルトインガレージのリフォームを行いましたので以下の記事を参考にして下さい。

→リフォームストアで行った「ビルトインガレージ」玄関リフォーム

逆にビルトインガレージを部屋にリフォームする際の費用相場は?

ビルトインガレージ

結論から言うと、ビルトインガレージからどのような部屋にするかによって費用が変わってくるので一概には言えないのが本音です。

ライフスタイルの変化、これは家を作るときにある程度考えておくべき部分でもありますよね。歳を取り子供が成長して独立した際に、夫婦2人だけでは住まいが広すぎてしまったり使いにくい間取りになることも決してゼロとはいい切れるものではありません。

マイカーの場合も同じで、歳を取り免許の返還を行うことで車が要らなくなる、それと同時に駐車場自体も不要になることも少なくないわけです。

免許返還

現在の住まいの駐車場がビルトインガレージなどの場合、車がなくなればそのスペースは無駄なものになりがち、ビルトインガレージの有効活用法として、住居用の部屋にリフォームをしてみたいなどと考える人も多いのではないでしょうか。

部屋にする際に、どのような空間にすべきかで費用も変わって来ますが、和室や洋室などそれぞれの好みので改造する際など費用相場をある程度把握しておけば、和室に変えるとどのくらいの費用が必要になるのか、洋室ならこのくらいといった具合に事前に予算を組む時に役立ちます。

ちなみに、ビルトインガレージを作る際に、その部分は基礎などの柱を設置しておかないと家全体の強度を保つことができない、倒壊の恐れがあるので補強工事を行うケースも少なくありません。

このような補強用の建材などもそのまま活用できるのであれば、部屋にリフォームする際に追加で補強を行うなどの工数を削減することも可能です。

なお、リフォームにかかる費用は数社への見積もりを依頼することで費用相場を掴むことができるので、まずは見積もり依頼をされては如何でしょうか。

ビルトインガレージにリフォームして後悔した例

ビルトインガレージ 後悔

ビルトインガレージは、雨・風・雪など自然からの猛威を受けないメリットがあります。中でも、紫外線によるダメージは愛車のボディに悪影響を与えるものですから、建物内に駐車スペースを確保できるのであれば車好きな人にとって安心感があります。

カーポートなどでもある程度の雨や紫外線はシャットアウトできたとしても十分なものではありませんし、塩害などがある地域などでは海風によりボディへの影響もある、その点ビルトインガレージなら建物の中にあるわけですから、潮風が吹くような場所でも安心です。

その反面、建物の内側に駐車スペースを確保するとなった際に、本来あるべき壁部分を駐車場にしているので家を支える部分が少なくなる、これにより耐震強度が落ちやすくなります。

台風の接近などで強風が吹いているときなどは建物が揺れることもある、こんなことならリフォームしなければ良かった、このような後悔をされるケースもゼロとはいい切れません。

もちろん、建物の強度を備えることで地震や強風の揺れなどをそれほど感じることなく生活を送ることはできるわけですが、この場合は建築コストが割高になることも少なくないのです。

ビルトインガレージに電動シャッターを設置する人も多いかと思われますが、電動シャッターを設置した際に固定資産税の評価額に影響を与えることもある、簡単にいってしまえばこのような設備を導入した際には税金を多く納めなければならない、このような後悔事例も存在します。

まとめ

ビルトインガレージにリフォームすることで様々なメリットもありますが、その反面税金面などのコストなども考慮しなくてはいけないかもしれません。

しかし、愛車を家の中で保管することが出来ますので安心感は大きいですよね。特にこだわりの車や高級車などは目の届くところで保管したいものです。

もしあなたにとってメリットをたくさん感じるのであれば、ビルトインガレージへのリフォームはとてもオススメだと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

(株)リフォームストアのアバター (株)リフォームストア 代表取締役 参川

「良いと思ったことは全部してあげてくれよ!」

という父の言葉を旨にお客様にとって良いリフォームを心がけております。

高品質かつ低価格で安心して相談できるリフォーム会社を目指しております。

目次
閉じる