無料勉強会の予定表はこちらから♪

外壁塗装での塗り忘れ塗り残しを完成後にチェックしたいポイント

塗り残し

外壁塗装において依頼後あってはならない塗り残しや塗り忘れ。もし、塗り忘れた箇所を発見してしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。

塗装が完成後にチェックすればいいポイントなどはあるのでしょうか。

そこでここでは外壁塗装において塗装完成後の塗り残しや塗り忘れについて、そしてもし、塗り忘れを発見してしまった場合の対処法について紹介したいと思います。

目次

外壁塗装後、完成後にチェックしたい箇所

チェック

外壁塗装において塗り忘れなのかどうかを判断する一番簡単な方法は、

  • 施工前に指定していた色と違う場合
  • 塗装箇所が他の部分と全く違う場合

で判別できるかと思います。

外壁塗装では[下塗り]>[中塗り]>[上塗り]の3つの工程があり、基本的に中塗りと上塗りは同じ塗料色を使用します。ただ、塗装業者によっては塗り残しの判別を行うためにあえて中塗りを少し違う色にすることもあります。

逆に言うとあってはならないのですが中塗りと上塗りが一緒の場合、塗り残しのミスが起こってしまう可能性も全く無い訳ではありません。

とは言っても、その箇所が本当に塗り残しや塗り忘れなのか?は中々判断ができない場合もあると思います。そこで次は塗り残し、塗り忘れが発生しやすい箇所をいくつかピックアップしてみました。

外壁塗装において塗り残しが起きやすい箇所

室外機

外壁塗装において塗り残しや塗り忘れが発生しやすい箇所は限定的です。

給湯器等の配管裏

給湯器などの配管裏などは塗装工具であるローラーなどが入りにくい箇所のため、後回しにしてしまいがちです。

付帯部分

雨樋などの付帯部分も実は塗り忘れが起きやすい場所です。細かい場所なだけに見落としてしまいがちなのでこちらもチェックしてみましょう。

室外機の裏部分

室外機の裏などは見落としがちな部分でもあります。室外機裏などは刷毛などで行うことが多いので、忘れずにチェックしてみましょう。

塗り忘れ塗り残しを発見した時の対処法

契約書

塗り忘れや塗り残しを発見した場合、まず初めに依頼した塗装業者に連絡する様にしましょう。塗装前に指示をしていたのに塗り残しがあった場合は施工ミスに該当しますので無料で塗装してくれることがほとんどです。

また保証書や契約書などがある場合は書類の内容を確認し、業者と一緒に確認しながら説明をお仰ぎましょう。

外壁塗装での塗り忘れ塗り残しはなぜ起こる?

最も多い原因としては塗装業者のケアレスミスによるものがほとんどです。

塗装業者もプロのはずですのでそういった施工ミスが起きないように注意している場合がほとんどなのですが、それでも人間ですのでミスは起こってしまう可能性はあります。

塗り残しや塗り忘れをもし発見したとしても怒り心頭にならず、冷静に対処することで、ことなき終えることもできるので落ち着いて対処する様にしましょう。

まとめ

今回は外壁塗装での塗り忘れ塗り残しについて紹介しました。

塗装業者も同じ人間ですので、塗り残しや塗り忘れは発生してしまうこともあるかもしれません。なのでよほど悪質でない場合は落ち着いて冷静に対処する様にしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

(株)リフォームストアのアバター (株)リフォームストア 代表取締役 参川

「良いと思ったことは全部してあげてくれよ!」

という父の言葉を旨にお客様にとって良いリフォームを心がけております。

高品質かつ低価格で安心して相談できるリフォーム会社を目指しております。

TOP
目次
閉じる