無料勉強会の予定表はこちらから♪

マンション屋上の防水工事の種類や手順!耐用年数はどれくらい?

マンションの屋上は日光や雨水によって日々劣化しています。その為、定期的なメンテナンスが必要となります。ただ、防水工事にも色々な工法の種類があり、どれが自分のマンションに合っているのかわからない方もいるのではないでしょうか。

そこでここではそれぞれの工法の種類や手順を紹介したいと思います。また各工法の耐用年数についてもご紹介したいと思います。

目次

マンション屋上の防水工事の種類について

防水工事

マンション屋上の防水工事には、シート防水を始めとして、塗膜防水やアスファルト防水があります。

<シート防水>

シート素材で防水層を作るやり方で、塩ビシートやゴムシートが使われます。

<塗膜防水>

塗膜防水は防水塗料を塗る工事で、塗料が防水層になるイメージです。

代表的なものにはウレタンとFRPがあり、ウレタンは液状で形状を問わず塗布できるのが特徴です。

FRPは繊維強化プラスチックのことで、一般的にはお風呂の浴槽で使われていることで知られています。軽いわりに耐久性が高くて丈夫なため、ベランダの防水にも使われることがあります。

<アスファルト防水>

アスファルトを合成繊維不綿布に染み込ませる工法です。

熱工法とトーチ工法に分けられますが、前者は高温に熱したアスファルトを密着させるやり方、後者はアスファルトをトーチで炙り溶かしながら貼り付けるやり方となります。

マンション屋上の防水工事の手順

防水工事

マンション屋上の防水工事は、工法によって工程と手順の違いがあります。

<シート防水>

STEP
下地清掃に始まり下地処理を行います
STEP
プライマーの塗布
STEP
役物周りの処理
STEP
接着剤の塗布
STEP
シートの貼り付け
STEP
シート接合部と仕上り端末部の処理
STEP
仕上げ材の塗布

上記の流れが基本です。

塩ビシートは工場で生産されたものを、現場で接着か機械的に固定する方法で施工します。

<ウレタンの防水工事>

基本的には清掃と下地処理、プライマーの塗布といった工程が続きます。ドレン周りは特に漏水が発生しやすいので、それを防ぐ処理が行われるのが一般的ですね。

補強布を貼ったらウレタン防水材を塗布して、保護する為の塗料を塗ったら完成です。

<アスファルト防水>

まず金物を撤去して、清掃を行い既存の防水層を撤去します。

新たに下地を作って施工することになるので、下地活性剤などを塗布してからアスファルト防水、保護剤を塗布して金物を戻すという手順となります。

マンション屋上の防水工事の耐用年数はどれくらい?

防水工事

マンション屋上の防水工事は、雨風にさらされたり紫外線を受けるので、半永久的に使えるわけではありません。

シート防水の耐用年数

10年~15年ほどといわれており、シートが剥がれない限りは防水性能に期待することができます。

ウレタン防水の耐用年数

10年〜12年とやや短いものの、複雑な形状でも施工しやすいことから、形状を問わず優れた防水性能を発揮します。

※FRP防水も同程度ですが、軽量なことから建物に掛かる負担が小さく、金属のような腐食の心配がないのが魅力です。

アスファルト防水の耐用年数

最も耐久性が高く、最低でも15年、環境や条件が良ければ20年〜25年くらいは持ちます。コストは高いですが、それに見合う寿命に期待が持てるので、昔からあって今も選ばれているのも頷けます。

屋上防水工事のメリットとは

防水工事

屋上防水工事のメリットにはやはり、建物の屋上の防水性が高められること、漏水を防ぎ建物を守れる点が挙げられます。工法によってもメリットは異なります。

シート防水のメリット

施工の難易度が低いのがポイント。

ウレタン防水のメリット

形状を問わず施工できること、塗料が比較的手頃なのが魅力。

※FRP防水に比べると耐久性は少し落ちますが、定期的に塗り直すつもりであれば特に問題はないでしょう。

アスファルト防水のメリット

防水性がトップクラスで、耐用年数が長いことに強みがあります。古くからある工法で実績も豊富ですから、信頼性が高くて今でも人気です。

このように、防水工事と一口に言っても特徴に違いがあり、それぞれの異なる点が単価や耐用年数の差に繋がっています。

屋上防水工事の費用の相場はどれくらい?

防水工事

屋上防水工事の費用相場は、

シート防水の費用相場

1㎡あたり7千円以上、1万円台半ばが相場。

ウレタン防水の費用相場

1㎡あたり7千円以上でシート防水とほぼ同じですが、上は1万円台前半に留まります。

※FRP防水は、ウレタン防水と同等か若干安い費用に収まる傾向です。

アスファルト防水の費用相場

最低でも1㎡あたり1万円前後、場合によっては2万円を超えることもあります。

結局のところ、屋上防水工事は施工するマンションの形状や状態だったり、足場の種類などで金額が変わってきます。シートやウレタン塗料、アスファルトなどの資材の価格も影響するので、相場はあくまでも目安です。

少しでも安く抑えようと思う場合は、塗装業者に見積もりを出してもらい、しっかりと確認して納得する会社に任せるのが良いでしょう。

まとめ

マンション屋上の防水工事にも4つの種類があることがわかりましたね。それぞれの特性を考えてあなたの満足できる防水工事を実現してみて下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

(株)リフォームストアのアバター (株)リフォームストア 代表取締役 参川

「良いと思ったことは全部してあげてくれよ!」

という父の言葉を旨にお客様にとって良いリフォームを心がけております。

高品質かつ低価格で安心して相談できるリフォーム会社を目指しております。

目次
閉じる