ウッドショックとは何?わかりやすく原因や理由を解説してみた!

ウッドショック コラム

最近建築業界でよく耳にするウッドショックという言葉。オイルショックなら聞いたことがあるけどその類なのかな?と思った方も多いのではないでしょうか。

まさにその通りで、ウッドショックとは、分かりやすく言うと木材不足です。しかし、ウッドショックの原因や、なぜウッドショックになってしまったのか、、、その理由を知っている人は少ないかもしれません。

そこでここではウッドショックをもう少し噛み砕いて分かりやすく紹介したいと思います。

実は深刻化している木材不足

品切れ

冒頭でも書いたようにウッドショックは木材不足を表しているのですが、リフォーム業界、住宅業界に大きな影響をもたらしています。

ウッドショックの原因の一つとしてはコロナの影響が大きい言われています。なぜコロナの影響があるのかというと、在宅ワークによるワークスペースの増築や、郊外への移住などで家を建てる。。。という理由が関係しているからになります。

特に米国では空前の住宅ブームが巻き起こっているようで、その時に使用される木材がたくさん使われることで供給よりも需要が上回ってしまった。。。という理由があるようです。

①:日本は建材関係のほとんどを輸入に頼っている

日本はご存知の通り世界的にみても小さな島国です。国内の木材にも限りがありますしそもそも日本の木材は高額で自給率も悪いので価格の安価な輸入品で賄っているのです。

特に住宅関連の原材料の6〜7割を海外からの輸入に頼っている部分があるため、高額になった木材を輸入することができなくなってきているのです。

②:世界的な建築需要の高まり

先述したようにコロナによって都心部から郊外に移り住む人が急激に増え、家を建てる人も同時に増えたことで、木材の消費率が上がりました。(テレワークの影響で都心に住む必要がなくなったりしたのも原因の一つにあるようです。)

住宅を建てるのに木材は使い勝手が良いですからね。また、その木材を運ぶためのコンテナ不足も原因の一つにあるようです。

③:経済大国中国の影響も大きい

中国は現在も目まぐるしく経済発展を続けており、建材の消費率もとても高いです。

経済発展と同時に、中国は木材の輸入を拡大し米国に負けじと大量輸入しているのか、必然的に全体の相場価格が上昇してしまっているようです。

日本は国内の木材の供給率が悪い

需要と供給

日本の木材における国内自給率は30%程度で、徐々に上がってきてはいるものの、供給体制が他国と比べるとそこまで整っていないため、現在のウッドショックを解消したくてもできないという状況のようです。

ではコロナが落ち着いたらウッドショックも落ち着くのか?と聞かれるとそうでもなさそうで、先行きの見通しとしてはかなり不透明な状況です。

そのため、木材を使用した住宅の価格上昇も考えられるので、日本の住宅業界は厳しい状況を強いられているかもしれません。

いつまでウッドショックが続くのかは今のところは分かりませんが、できるだけ早く国の方でも対策を講じてもらいたいものです。

まとめ

ウッドショックとは木材不足を意味していて、経済大国の中国や米国によって木材輸入の拡大が影響しているのも原因の一つ。

コロナも早くおさまって欲しいですし、住宅業界の木材不足(ウッドショック)も早く解消して欲しいですね。

ここが違います!こだわりの外壁塗装 リフォーム2018 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心  

ワンランク上の素材で うでのいい職人が施工する 高品質を低価格で提供

 

その1 塗装の「命」 徹底した下地処理

写真

当社ではひび割れ補修、サビ落としなどの「下地の蘇生」に一番重点を置いています。業者側の立場からすれば、大変手間がかかる一方、塗った直後では、その努力が分かりづらい為、最も「差」が出る作業の一つです。当社では徹底した管理のもと確実に「下地の蘇生」を行いますので、ただ「安いだけ」の塗装専門店ではありません。

 

その2 大安心の3回手塗り  たっぷり 「厚」 塗り!

写真

ご存知ですか? 3回うすーくしか塗ってない塗装も、 パッと見キレイなんです。

これが一般の方には、なかなか判断出来ないから、 外壁塗装の「後悔」「クレーム」が後を絶ちません。 しかし、たっぷり塗料を使った外壁塗装は 「塗料の厚み」が全く違います。 「塗料の厚み」を、つけすぎても良くないんですが、 外壁塗装は「塗料の厚み」で長持ちが、ずいぶん変わります。 写真

過去300件以上、愛媛県下で施工管理をさせて頂きましたが、 この「厚塗り施工」に、間違いはありませんよ!!

①5年経っても色もツヤも変わらない塗装 ②5年経ったら一気に色あせる塗装 ここを値段だけで見てしまうと 痛い目に合うかも知れません。  
写真

リフォームストアの外壁塗装は、

他店と比べても一目瞭然! 「たっぷり」塗料を使って3回厚塗りしますので、 強くて丈夫な「塗膜」が形成します。 塗り終えた後の 「塗料の厚み」を ぜひ他店と 比べてみて下さい♪ 結果、 外壁塗装の費用対効果を120%引き出します。  

その3 付帯塗装(鉄部・木部・樋・目地コーキング)

私共が知る限り、付帯塗料にまで力を入れている業者さんは非常に少ないのが現状です。外壁・屋根塗料にはいい塗料を使っても、付帯部にはランクの下がる塗料・材料を使ってはバランスが合いません。また、鉄部・木部・目地コーキングは特に劣化が早いので家全体の耐久バランスを考えた塗料選定が必要です。

 

その4 高い専門知識

高い専門知識は職人はもちろん、窓口である営業、現場監督も同等に持っていなければならないと当社は考えています。専門店ならではの三位一体となった「提案・施工・管理」のチームプレーをぜひご覧ください。

 

その5 「塗装が上手」な職人を揃えています。

写真

ありきたりな言葉ですが、専門店である以上、「塗装が上手な」有資格職人を揃えています。激しい競争に勝ち、広く評判になる為に職人の高い技術力と、現場監督の強い責任感で最高の仕上がりをお届けします。

リフォームストアはここまでやります

専門誌にも 当社が取り上げられました!

写真

これぞ、専門店! 選ばれる理由はここにあります。 お客様の疑問・不安・ご予算すべて正直にお答え致します。

・塗料の種類・施工手順・耐久年数等についてのメリット・デメリット ・お客様のご予算も踏まえた上で「費用対効果」の高い施工方法

など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

現場監督による厳しい検査体制があるから施工後の不具合はありません。万が一の際も、すべて「無償」で手直し致します。

 

専門店が厳選した長持ち外壁塗装がこの価格で。 お値段以上の価値を感じていただけます。

 

お問い合わせはコチラ↓からどうぞ
電話:089-904-5683
FAX:089-904-7111
営業時間:9:00~18:00 年中無休(年末年始除く)

コラム
シェアする
株式会社リフォームストア