外壁塗装で塗料の乾燥時間はどれくらい?

塗料 乾燥時間 外壁塗装 一戸建て

外壁塗装において塗料の乾燥時間は気になりますよね。塗料によって異なるものの早ければ数時間、遅くとも半日あればほぼ乾きます。ただ、乾燥時間が短いと仕上がりに影響するので、少し長めに時間を取る塗装業者も少なくありません。

そこでここでは外壁塗装における塗料の乾燥時間の目安についてみていきたいと思います。

【外壁塗装】塗料の乾燥時間について

乾燥時間 時計

基本的には塗料メーカーが推奨する乾燥時間を目安に作業が行われます。外壁塗装には下塗りと中塗り、上塗りといった工程がありますが、各工程は間を開け過ぎても駄目なんです。

その為、乾燥に必要な時間を取りつつもスムーズに次の工程に移ることが望ましいです。乾燥に要する時間を誤ると、乾燥し過ぎて次の工程に支障が出るケースもありますから、季節や気候を考慮して計画的に作業を進めることが必要です。

季節による乾燥時間は!?

冬の方が空気が乾燥しているので早く乾くイメージですが、実際は気温が高く水分が蒸発しやすい夏の方が短く済みます。

夏に数時間で乾燥する場合でも、冬の気候となると1日を要しますから、季節によって明らかに塗料の乾き方に差が生じます。

また、シーリングは意外と乾燥が遅いので、2~3日待っても十分に乾かなかったり、季節によっては1週間くらい必要になることもあります。

外壁塗装における高圧洗浄後の乾燥時間

高圧洗浄

外壁塗装における高圧洗浄は、足場を設置した後の早い段階で行われる作業です。高圧洗浄後の乾燥時間は、一般的には48時間が1つの目安で、2日間は十分に乾燥させます。

最低でも24時間は乾燥に必要ですから、スケジュールがタイトだからと焦って作業を早めてしまうと仕上がりに悪影響が生じます。

24時間は乾燥時間の最低ラインなので、比較的空気が乾燥している季節でもやはり48時間は確保したいところですね。

雨の日の乾燥時間について

雨の日は、48時間では乾き切らないことが考えられるので、更に1日追加するつもりで乾燥時間を設けることが必要です。

高圧洗浄後の乾燥は自然乾燥に任せるので、外壁塗装を始められるようになるまでの時間は、天気任せにはなってしまいますが、しっかりと乾かし準備が整うことで満足度の高い外壁塗装の作業を開始できます。

壁面に水分が残っていると、塗料を塗った後に水分が蒸発しようとして塗面が膨れが生じてしまうので、十分に乾かしてから塗料を塗り始めることが不可欠です。

外壁塗装で高圧洗浄後に雨が降った場合は?

雨樋

外壁塗装で高圧洗浄後に雨が降ってしまった場合は、雨が上がって外壁が乾燥するまで待ちます。

雨の日の翌日は湿度が高く水分が蒸発しにくいので、1日以上作業が延期になることもあります。梅雨の時期など雨ばかりの季節は全体的に湿度が高めですし、雨の日が多くなるので必然的に作業が長引くこともあります。

勿論、塗装業者は天気予報を参考に作業の計画を立てるわけですが、天気予報は当たり外れがあるので、必ずしも予定通りとはいかないケースもあります。

雨の日は基本的に塗装ができませんし、乾燥がまだなら塗り始めることも不可能です。このように、外壁塗装の高圧洗浄後に雨が降った場合は、一般的な目安の48時間以上の乾燥時間が必要となるでしょう。

塗装業者によっては、雨が降らなくても湿度が一定以上になったら作業をしないという業者もあります。これは塗装のトラブルのリスクを回避したり、仕上がりを追求する為です。

高圧洗浄自体は雨の日でもできなくはないですが、乾燥については流石に通常よりも時間が掛かってしまいます。実際のところは外壁の汚れ具合や雨の降り方にもよりますが、作業に支障のない降り方なら問題がないことが殆どにはなります。

48時間という乾燥時間はあくまでも目安の1つに過ぎないということですね。

まとめ

今回は外壁塗装における塗料の乾燥時間についてでした。

基本的には塗料メーカーの推奨する乾燥時間を目安に乾燥させることになりますが、その時の季節や気候、天気によって左右されることがあるということですね。

乾燥時間によって仕上がりも変わってくるので満足度の高い塗装を実現させるためには十分な乾燥が大切だということです。

ここが違います!こだわりの外壁塗装 リフォーム2018 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心 口コミが物語る“5つ星リフォーム” 費用対効果が高く、アフターも安心  

ワンランク上の素材で うでのいい職人が施工する 高品質を低価格で提供

 

その1 塗装の「命」 徹底した下地処理

写真

当社ではひび割れ補修、サビ落としなどの「下地の蘇生」に一番重点を置いています。業者側の立場からすれば、大変手間がかかる一方、塗った直後では、その努力が分かりづらい為、最も「差」が出る作業の一つです。当社では徹底した管理のもと確実に「下地の蘇生」を行いますので、ただ「安いだけ」の塗装専門店ではありません。

 

その2 大安心の3回手塗り  たっぷり 「厚」 塗り!

写真

ご存知ですか? 3回うすーくしか塗ってない塗装も、 パッと見キレイなんです。

これが一般の方には、なかなか判断出来ないから、 外壁塗装の「後悔」「クレーム」が後を絶ちません。 しかし、たっぷり塗料を使った外壁塗装は 「塗料の厚み」が全く違います。 「塗料の厚み」を、つけすぎても良くないんですが、 外壁塗装は「塗料の厚み」で長持ちが、ずいぶん変わります。 写真

過去300件以上、愛媛県下で施工管理をさせて頂きましたが、 この「厚塗り施工」に、間違いはありませんよ!!

①5年経っても色もツヤも変わらない塗装 ②5年経ったら一気に色あせる塗装 ここを値段だけで見てしまうと 痛い目に合うかも知れません。  
写真

リフォームストアの外壁塗装は、

他店と比べても一目瞭然! 「たっぷり」塗料を使って3回厚塗りしますので、 強くて丈夫な「塗膜」が形成します。 塗り終えた後の 「塗料の厚み」を ぜひ他店と 比べてみて下さい♪ 結果、 外壁塗装の費用対効果を120%引き出します。  

その3 付帯塗装(鉄部・木部・樋・目地コーキング)

私共が知る限り、付帯塗料にまで力を入れている業者さんは非常に少ないのが現状です。外壁・屋根塗料にはいい塗料を使っても、付帯部にはランクの下がる塗料・材料を使ってはバランスが合いません。また、鉄部・木部・目地コーキングは特に劣化が早いので家全体の耐久バランスを考えた塗料選定が必要です。

 

その4 高い専門知識

高い専門知識は職人はもちろん、窓口である営業、現場監督も同等に持っていなければならないと当社は考えています。専門店ならではの三位一体となった「提案・施工・管理」のチームプレーをぜひご覧ください。

 

その5 「塗装が上手」な職人を揃えています。

写真

ありきたりな言葉ですが、専門店である以上、「塗装が上手な」有資格職人を揃えています。激しい競争に勝ち、広く評判になる為に職人の高い技術力と、現場監督の強い責任感で最高の仕上がりをお届けします。

リフォームストアはここまでやります

専門誌にも 当社が取り上げられました!

写真

これぞ、専門店! 選ばれる理由はここにあります。 お客様の疑問・不安・ご予算すべて正直にお答え致します。

・塗料の種類・施工手順・耐久年数等についてのメリット・デメリット ・お客様のご予算も踏まえた上で「費用対効果」の高い施工方法

など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

現場監督による厳しい検査体制があるから施工後の不具合はありません。万が一の際も、すべて「無償」で手直し致します。

 

専門店が厳選した長持ち外壁塗装がこの価格で。 お値段以上の価値を感じていただけます。

 

お問い合わせはコチラ↓からどうぞ
電話:089-904-5683
FAX:089-904-7111
営業時間:9:00~18:00 年中無休(年末年始除く)

外壁塗装 一戸建て屋根塗装 一戸建て
シェアする
株式会社リフォームストア